タレント/芸人

だいたひかる不妊治療の病院はどこ?乳がん治療後再開で高齢妊娠!

今回は、だいたひかる不妊治療の病院はどこ?乳がん治療後再開で高齢妊娠!ということで、先ほどご妊娠中であることを発表されただいたひかるさんの不妊治療に関してまとめてみました。

45歳というご年齢での妊娠は、高度生殖補助医療(体外受精など)を伴ったとしても、6.5%というかなり低い数字。

だいたひかるさんは、いったいどのような治療を進めてこられたのでしょうか。

早速詳細を見ていきましょう。

だいたひかるとは?

まずは、だいたひかるさんの簡単なプロフィール

だいたひかる (本名: 小泉 ひかる)

出身: 埼玉県東松山市
生年月日: 1975年5月25日

吉本興業東京本社所属の女芸人で、R-1ぐらんぷりの初代チャンピオン。

2006年に、放送作家の北本かつらと結婚。

しかし、バラエティ番組『シャル・ウィ・ダンス?』で共演したダンサーの二宮清さんとの不倫疑惑騒動に加え、北本かつらさんがほとんど帰宅せずすれ違いが生じたことなどを理由にに、結婚されてからちょうど一年目にあたる2007年1月16日に離婚。

その後、2013年5月25日、38歳の誕生日にアートディレクターの小泉貴之と再婚されます。

小泉 貴之(こいずみ たかゆき)

出身: 埼玉県川口市
生年月日: 1977年8月14日

スポンサーリンク

だいたひかる乳がんの治療

2016年1月6日に乳がんの検査でマンモグラフィーを受けた際、触診の時点で先生に『右(の乳房)にしこり』っていわれて」と乳がんが判明されました。

その後、ステージ2Bと判明し、同年2月26日に右乳房の全摘出。

引用:だいたひかる 公式ブログ

ステージ2B:しこりの大きさ…2-5㎝/わきのリンパ節転移あり

ステージ2の5年生存率は95.40%

2016年4月11日からは、抗がん剤治療を始め、2016年10月に終了し、ホルモン療法へ移行されます。

2019年2月末のブログにて再び右胸にしこりを発見したことを報告。2020年3月に胸のしこりの切除手術を受けられました。

だいたひかる不妊治療歴

だいたひかるさんがご結婚(再婚)されたのは、38歳のとき。

結婚してすぐ子どもが欲しかったそうで、翌年になってすぐに妊活に本気で取り組まれることになります。

その後、自然妊娠をされますが、2度の流産。

結果的には大学病院でうまくいかず、不妊治療専門クリニックに転院されることになります。

そこから乳がんが発覚したのが、2016年、40歳のとき。

治療に専念するために、一度は不妊治療を中断されることになります。

そして、45歳になり、再び、不妊治療に挑むことを決意。

しかし乳がんの治療は女性ホルモンを減らす治療法で、不妊治療は女性ホルモンを増やす治療法。同乳がんに対しての放射線治療は出来ないため、再発や転移のリスクが増大するのだという。

それでも、旦那さんの子供が欲しいということで治療を再開されます。

スポンサーリンク

だいたひかる45歳で妊娠

だいたひかるさんですが、治療の甲斐あってこの度ご妊娠となられました。

おかげさまで妊娠していました😆
今3週と5日だそうで、
普通妊娠なら気付かないレベルの初期ですが…
受精卵がしがみついて着床してくれました!
 
どんな感じなんだろう!?
ファイト一発みたいな感じかな!?
 
まだまだ第一関門突破という感じで、
高齢なので流産率が高いのも現実なので…
 
 
だいたひかる

引用:本人ブログ

5月14日に、冷凍保存していた受精卵を移植。

その後、5月21日に着床していると判定を受けられたようです。

自然妊娠の場合、月経が1~2週間遅れていることで病院に行くと、その段階ですでに妊娠6~7週。この週数のカウントは、最後の月経が始まった日からの週数になります。

よって体外受精でご妊娠されただいたひかるさんの場合、妊娠判定が3週と5日とかなり早い段階になられます。

ここから、胎嚢、心拍の確認という長い長い道のりになります。

だいたひかる不妊治療の病院

だいたひかるさんですが、いったいどちらの不妊治療の病院に通われていたのでしょうか。

病院自体は、公表されていないため、ここからはあくまで予測になります。

ちなみに、だいたひかるさんの乳がんが発覚するまでの約2年間、タイミング法から人工授精、体外受精と顕微鏡受精に挑み、それまでにかかった費用は300万円以上だったとか。

1回の体外受精にかかる費用の平均が約50万円と考えると、300万円以上というのも高すぎるわけではないですね。

関東近辺で不妊治療で有名な病院がこちら。

➀ 加藤レディースクリニック

西新宿にある体外受精に特化した不妊治療で有名な病院です。
芸能人の方も、
矢沢心さん(不妊治療 5~6年)
川崎希さん (不妊治療 3年)
東尾理子さんなどが挙げられます。

➁ リプロダクションクリニック東京

キンタロー。さんがこちらで不妊治療を受けられたことを公表。男性不妊と女性不妊が同時に治療できるそう。

➂ 山王病院

山田優さん(不妊治療)
神田うのさん
松嶋菜々子さん

④ 神田ウィメンズクリニック

46歳でご妊娠された女優の加藤貴子さんが通われていたのが、東京都調布市にある神田ウィメンズクリニック 。

芸能人の方であれば、体外受精の実績がある所に加え、プライバシー等も配慮してくれる総合力の高い病院を選ばれたことでしょう。

その分、費用もかさみますが…。

また交流のある芸能人の方同士で、紹介をされたりも多いようです。(キンタロー。さんに病院を紹介したのは東尾理子さん)。

よってだいたひかるさんもこのあたりの病院をえらんでいらっしゃるかもしれません。

45歳でご妊娠のだいたひかるさんですが、今や40歳を超えてご出産される芸能人の方も多く、めずらしくはなくなりましたね。

芸能人 高齢妊娠出産

  • 45歳…ジャガー横田、華原朋美
  • 44歳…加藤貴子、林真理子、兵頭ゆき、金田朋子
  • 43歳…水野美紀、田中美佐子、NANA(MAX)
  • 42歳…長山洋子、落合信子、滝川クリステル、赤江珠緒

ちなみに…

体外受精であっても、だいたひかるさんのご年齢 45歳でご妊娠される確率は、一般的に十数パーセントと言われています。(病院によって、また体外受精の方法によってもそれぞれ違ってきます)

これを高いとみるか、低いとみるか、人それぞれでしょうが、子供が出来るということは奇跡的なこと。

 

まとめ…

今回は、だいたひかる不妊治療の病院はどこ?乳がん治療後再開で高齢妊娠!ということで、先ほどご妊娠中であることを発表されただいたひかるさんの不妊治療に関してまとめてみました。

ご高齢でのご妊娠、もちろんまだまだ安心できる週数ではないかもしれませんが、どうかどうか無事に生まれてくることを祈っています。

 

 

error: Content is protected !!