EVENT

ハウステンボス(プール)2018料金を徹底解説!口コミあり※この夏必須

今回は、ハウステンボス(プール)2018料金を徹底解説!口コミあり※この夏必須ということで、

長崎県佐世保市にあるハウステンボスについて調べてみました。

 

2010年からHISが、親会社となり立て直しを図ったことで入場者が倍増、かなり業績がアップしたとか。

そんな気になるハウステンボスの魅力に迫ります!

 

スポンサーリンク



 

ハウステンボス詳細 

まずは、ハウステンボスの詳細から見ていきましょう。

ハウステンボス詳細

所在地 :  長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

問合せ  :  0570-064-110 / ハウステンボス総合案内ナビダイヤル
HP : ハウステンボス 水の王国
交通(電車) :  JRハウステンボス駅→徒歩すぐ
交通(クルマ)  : 西九州道佐世保大塔ICから針尾バイパス経由8km10分
駐車場  : あり/5000台/1回800円

 

ハウステンボスを楽しむためのコツ
  • 女性は、絶対ヒールNG!!!石畳のため、靴が使い物にならなくなります
  • 夏は日傘必要、干からびます
  • 園内でも結構お金がかかるため、予備で持って行くべし

 

スポンサーリンク



 

ハウステンボス内プールの詳細

2018年は、4大ウォーターパークができており、1日では回り切れない程。

大まかな期間は、2018 年 6 月 30 日(土)~9 月 9 日(日)です。

それぞれの場所も離れており、的を絞って遊んだほうが楽しめるかと思います!!

 

4大プールの場所を確認!

引用:ハウステンボス

入口から近いのが、ガーデンプールOASIS。その近辺に、森のプール。

スリラーシティを抜けた先にあるのが、WAIWAIビーチで、奥に海キングが建てられています。

 

ハウステンボス WIWAI(ワイワイ)ビーチ

引用:ハウステンボス

真っ白な砂浜と様々なスライダーを備えた広大な野外プールエリア。海外ビーチをイメージした「フォトパネル」でリゾート感バッチリ!

 

<スライダー種類>

 

↑ ブーメランスライダー 【利用制限】 年齢10歳以上、身長130cm以上、体重100kg未満

↑ ウォーターロングスライダー 利用制限】 年齢4歳以上 ※4歳以上でも未就学児は、保護者との二人乗りを推奨

※ 1回目 無料、2回目以降 200円/回、1日無制限 500円

 

<遊べるポイント!>
  • ファミリー向け
  • タヒチのビーチをイメージした真っ白の砂浜はリゾート感満載
  • 急上昇・急降下の「ブーメランスライダー」/90mの直線を加速する「ウォーターロングスライダー」あり
  • 3つの直系20mの巨大プールを兼ね備える

 

海上ウォーターパーキング 海キング

引用:ハウステンボス

日本最大級の海上ウォーターアトラクション「海キング」。海上エリアに設けられたアイテムは約70種類、スリル満点で難易度が高いアイテムが揃っています!

 

<アトラクション概要>


去年はこんな感じでした!

 

<遊べるポイント!>
  • アクティブに楽しみたい方におすすめ
  • 高さ3mのアスレチックから海にダイブ可能
  • 70種類のアスレチックアイテムあり

 

スポンサーリンク



 

ガーデンプール OASIS

引用:ハウステンボス

昼は大人限定のゆったり空間「大人のラウンジプール」、夜は大人の隠れ家として「大人のラウンジプール」に大変身!

 

<プール詳細>

 

↑ 昼のOASIS

↑ 夜のOASIS

 

<遊べるポイント!>
  • カップル・大人向け
  • 夜にはSNSで大人気のナイトプールに大変身
  • プロジェクションマッピングで雰囲気最高
  • バブルマシーンから泡が噴射されみんなが泡まみれになる“泡プール”あり

 

室内型プール ウェルネスプール

引用:ハウステンボス

日焼けを気にすることなく屋内のプールでのんびり過ごせます。

 

<遊べるポイント!>
  • 屋内でのんびりしたい人向け
  • 天候に左右されずプールで遊べます

 

スポンサーリンク



 

ハウステンボス内プールの期間と料金詳細

各プールで、期間・時間・対象年齢も異なりますので、ご注意ください!

 

ハウステンボス内プールの期間一覧

期間 営業時間 対象年齢
WAIWAIビーチ 6 月 30 日(土)~9 月 9 日(日) デイタイム 9:00~18:00

ナイトタイム 19:00~22:00

なし ※ブーメランスライダーのみ高校生以上
海キング 6 月 30 日(土)~9 月 9 日(日) 9:00~17:30 (一部19:00まで営業日あり) 10歳以上(小学4年生は可) ※小学生は要保護者同伴
OASIS 6 月 30 日(土)~9 月 9 日(日) デイタイム 9:00~18:00

ナイトタイム 19:00~22:00

16歳以上
ウェルネスプール 7月14日(土)~9月2日(日) 平日 11:00~18:00

土・日・祝・特定日(8/4~8/15) 10:00~19:00

どなたでも可

 

最新の情報はHPをご確認ください。

続いて料金のご説明です!

 

ハウステンボス内プール料金

まずハウステンボスの料金形態は、ハウステンボス内ホテルに宿泊予定とそうでない方に大きく分けさせていただきます。

なお、チケットはHP上にてWEB販売されておりますので、事前購入が待ち時間がなくお勧めです。

 

宿泊予定のない方

  • 1日入場券
  • 夜だけ入場券

宿泊する予定の方

  • 2・3日続けて入場
  • オフィシャルホテル宿泊者専用

~ 宿泊予定のない方向け料金 ~

大人: 18歳以上

中人 : 中学・高校生

小人 : 4歳~小学生

シニア : 65歳以上

<1日入場券>

1DAYパスポート (入場+約50種類のアトラクション) [大人]7,000円

[中人]6,000円

[小人]4,600円

[シニア]6,500円

散策チケット (入場のみ) [大人]4,500円

[中人]3,500円

[小人]2,200円

 

<夜だけ入場>

光の街アフター5パスポート (午後5時から)

入場+約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館

[大人]5,000円

[中人]4,200円

[小人]3,300円

[シニア]4,500円

光のナイト散策チケット (午後5時から)

入場のみタイプ

[大人]4,100円

[中人]3,100円

[小人]2,100円

[シニア]4,000円

 

<ハーバーゾーンのみ>

※ホテルヨーロッパ正面の「ハーバーゲート(南ゲート)」から南側のエリアになり、マリンターミナル(港町)、ホテルヨーロッパ、フォレストヴィラ、パレス ハウステンボスのエリア

引用:ハウステンボス

ハーバーゾーン入場料

[大人(中学生以上)]1,000円
[小人(4歳~小学生)]500円

※大型花火大会開催日はハーバーゾーンのみのご入場はできません。 専用入場券をお買い求めください。
(大型花火開催日:2018年3月31日、2018年7月21日、2018年9月22日、2018年12月31日)

 

~ 宿泊する予定の方向け料金 ~

<宿泊予定の方> ※入場と約50のアトラクション施設を利用が楽しめる

1.5DAYパスポート (初日15:00以降から連続2日間利用) [大人]9,100円

[中人]8,100円

[小人]6,600円

[シニア]8,600円

2DAYパスポート (連続2日間利用) [大人]11,000円

[中人]10,000円

[小人]8,100円

[シニア]10,400円

3DAYパスポート (連続3日間利用) [大人]14,100円

[中人]13,300円

[小人]11,000円

[シニア]13,500円

【対象ホテル】

  • ホテルヨーロッパ・ホテルアムステルダム・フォレストヴィラ・変なホテル ハウステンボス・ウォーターマークホテル長崎・ハウステンボス ホテルオークラJRハウステンボス・ホテル日航ハウステンボス
  • 1.5DAY、2DAYパスポート・・・3/30、3/31、7/20、7/21、9/21、9/22、12/30、12/31を除く。
  • 3DAYパスポート・・・3/29~3/31、7/19~7/21、9/20~9/22、12/29~12/31を除く。

 

上記の入場パスポート に加えてプール利用には所有する入場チケットに加えて下記料金が発生します。

パスポート所有者  散策チケット所有者  ハーバーゾーンチケット所有者
WAIWAIビーチ 無料 (別途有料席もあり) 500円
海キング 200円 1000円
OASIS 無料 (別途有料席もあり) 500円
森のプール 【ホテルアムステルダム1階~3階・フォレストヴィラ・変なホテル・ウォーターマークホテルにご宿泊の方含む】

平日:600円

土・日・祝日・特定日(8/4~8/15):1,000円

平日 :大人(中学生以上)1,700円、小人(4歳~小学生)1,200円
土・日・祝日・特定日(8/4~8/15): 大人(中学生以上)2,000円、小人(4歳~小学生)1,700

※レンタル料金

WAIWAIビーチ  (パラソル、チェア 3000円/日)

各プールにも簡易コインロッカーあり (小ロッカー300円、大ロッカーが500円) ※料金は返ってきません

コインロッカー 場内
ウェルカムゲート(入国)
カナルステーション ウェルカムゲート(入国)
カナルステーション タワーシティ
マリンターミナルなど
300円~500円
手荷物一時預かり 荷物の一時預かり
フェアウェルゲート(出国)出口横 ヤマト運輸(場外) 800円/
荷物1個

 

細かい!!!そして非常にわかりにくい!!!!

…ということで、簡単に目的別に最安値で必要なチケットを分けてみました!!!参考にしてみてください。

 

海キング(海上アスレチック)だけでいい方 →

ハーバーゾーン入場料 + 海キング入場料 (大人1000円+1000円=2000円)

※ ハーバーゾーン入場チケットでは海キングと森のプールしか入れません。年齢制限もあるので、お子様連れは要注意です!!!

 

夜のナイトプールだけ満喫したい方  →

光のナイト散策チケット (午後5時から)  + OASIS入場料 (大人4100円+500円=4600円)

 

ハウステンボスを1日満喫したい方 →

1DAYパスポート (入場+約50種類のアトラクション) (→WAIWAIビーチとOASISは無料になる) 7000円

 

夜のハウステンボスを楽しみたい方 →

光の街アフター5パスポート (午後5時から) (→WAIWAIビーチとOASISは無料になる) 5000円

 

 

森のプールは、宿泊の方以外はわざわざ行かなくても・・・。

ハウステンボス自体とても大きく、目的を絞らないと回り切れないかと思います。また、パスポートを購入しても果たしてアトラクションに乗り切れるのか…。

単純にプールをだけを目的にするならば、散策チケットで十分かと思います。

 

スポンサーリンク

 

ハウステンボス内プール口コミは?

ここからは、ハウステンボス内のプール口コミをご紹介していきます。

 

<良い意見>

  • 散策チケットを使ってゆっくり回るのが良い
  • 夜景が綺麗

 

楽しめるアトラクションがいっぱい

お盆前の連休にワンデイパスポートで入場、朝9時から閉園まで楽しみました。花の季節ではなかったのが残念。確かに暑い盛りでしたが、木陰や水辺、建物内のアトラクションが多いし、日傘があればさほど気にはなりませんでした。

 

ディズニーランドのような素敵なパーク

オランダ愛との友好というか、オランダ愛がちりばめられたプールあり、アスレチックあり、遊園地ありの盛りだくさんのパーク、Huis Ten Bosch。
夏だったので、午前中や夕方、アジア独特のシャワーが降るので、おりたたみ傘があると便利。

 

<悪い意見>

  • 海キング(海上アスレチック)は、怪我に注意
  • 海キング、クラゲ発生注意 (→ 2017年からはクラゲ対策をしているようで発生が激減した模様)
  • 高価なパスポートを買って入場後に更に別料金がもろもろかかる

 

ケガに注意

ウォーターパーク、おそらく半数以上の人はもうこりごりだと感じているでしょう。私自身もフジツボで膝を切って出血しましたが、ほんの一時間ちょっと、ほんの三分の一程度のエリアを移動しただけで、鼻血を出す小学生の男の子、足の爪が剥がれて出血する40代男性、足を切り出血する中学生の男の子、腕を打撲?クラゲに刺された?男の子一人、30代お母さん一人。ジャングルジムほどのフロートの転覆も発生、上の方に乗っていた男の子が無事だったかは未確認です。もちろん会場サイドのケアはなく完全自己責任です。入場前に一筆書かされます。監視員の人数も明らかに足りず、不測の事態が生じても対応は不可能に近いと思われます。入場前の笑顔や歓声も、いざ初めて10分もしないうちに消え、上がった頃には疲れ切ってみんな無表情、周りのカップルや家族も会話は無くなってました。

クラゲに要注意!!

家族皆、入って早々、何箇所もクラゲにさされました。ひどい傷で、跡が残ってしまうだろうと、病院で言われましたし、毎日痒くて眠れない状況がつづいています。

危険が多い

ロッカーや更衣時の不便さは改善されていないです。悪臭が立ち込めており、不衛生感があります。

フリーパスかフリーじゃない…

入ってからの追加料金がすごい…
何をするにもひとつひとつの料金が必要で、しかも高いです。
入場の時に払った7000円のフリーパスはあまり意味がないように思いました。

 

いかかでしょうか??

特に、プールに関してはなかなか辛辣なご意見も多い模様。

簡易的なロッカーや更衣室は、完璧な衛生環境を求めるのも少々酷である気はしますが、やっぱり少しでも綺麗な方がいいですよね。

 

自分だったらと考えると、出来たら平日に、光のナイト散策チケット (午後5時から) + OASISでゆっくり過ごすのを選ぶかなぁ。

特に暑い夏ですと、園内を見て回るにも一苦労。石畳の道路は照返しも強く、いつも以上に暑さを感じやすいかと思います。

 

ただ、夏にしかできないこと、というのもやっぱり魅力的ですよね!

ご自身のプランや目的に合った形で、無駄のないチケットの選択をお勧めします。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP