PRODUCE101JAPAN

日プ/プロデュース101JAPAN9話10話コンセプト評価まとめ&感想!

今回は、日プ/プロデュース101JAPAN#9話10話コンセプト評価まとめ&感想!ということで、いよいよ始まったコンセプト評価についてまとめてみました。

PRODUCE 101シリーズとは、韓国のアイドルサバイバル公開オーディション番組で、今回日本版も同様に、番組開始までに練習生101人が選ばれ、日本国民(国民プロデューサー)の投票によって最終的に11人が選ばれ、グローバルに活躍するボーイズグループとして2020年2月にデビューする予定となっています。

早速、コンセプト評価まとめを見ていきましょう。

コンセプト評価:Black Out(9話)

Black Out(フューチャーポップ)

作詞:Jinli(Full8loom) / 中村彼方
作曲: Gloryface(Full8loom) / Jinli(Full8loom) / Jake K

恋人と別れ、まるで宇宙に取り残されたような寂しさや虚しさを表現した曲。R&Bのラップからフューチャーポップに変わる多彩な構成となっている。

 

メンバー
キム・ヒチョン センター/リーダー 1994年9月2日(25歳) 186㎝/63㎏ A→A
大澤駿弥  ラッパー 1997年5月18日(22歳) 176㎝/61㎏ D→B
安藤誠明  メインボーカル 1996年12月19日(22歳) 173㎝/63㎏ B→B
本田康祐 サブボーカル 1995年4月11日(24歳) 175㎝/63㎏ B→B
與那城奨 サブボーカル 1995年10月25日(24歳) 180㎝/70㎏ B→B
佐野文哉 サブボーカル 1997年5月25日(22歳) 171㎝/54㎏ B→B
金城碧海 ラッパー 2000年5月6日(19歳) 178㎝/60㎏ B→F

※ 4名脱落、1名合宿所規定違反にて脱落により、放出なし。  やんちゃでなく、Black Outに入っていた古屋亮人くんの覚醒も見てみたかったなぁ…。残念。

 

顔面大勝利

3行感想
  • ホンダの兄貴だって悩むこともあるさ
  • もはや安藤/ヨナ ダンスも問題なし
  • 金城スカイ 世に見つかる

 

初期からSKYくん応援して、Black Outに投票した方々もう天才でしょう。

おそらくクンチキタに入っていたら、埋もれてましたよね!!!完全にこのお兄さんメンバーに引けを取らないくらい色気駄々洩れの19歳、最高です。10代貴重。

立っているだけで絵になるって凄いですよね。そして、かなり垢抜けました!!グループ評価の時のままのビジュだったら正直ここまでではなかったかもしれません。

加えてあの低くて聞き心地の良い安定した声。いや、ラップもできるんかい!!しかも、パート少ないラップにかける責任感はもうデビューや…。

いや~正直今回のBlack Outは、ヒチョンくんの後ろにいるSKYくんの方に目が行ってしまいました。これは、順位爆上げしてそう。

後は、やはり”よなとも”顔面強し。たまらん、あの色気。

安藤くんは、箱の中身なんだろなにて、あの顔面プラスで、バラエティキャラ発揮してきたり、ヨナくんは、本田兄貴のお部屋で、ズボンを畳んであげたり、”この時期の未経験は通用しない、もっと上に行きたい”発言は、やはり強い。

ただ、ヨナくんは、まだ身長があるのでよいですが、安藤くんのあのガチムチ衣装どうなんでしょう。豆くんも然りですが、下半身がガッシリの方は、もっと似合う衣装ありそう。まぁ、そんなんデビュー決まってから考えれば良いですね。

 

9週目順位&予想
1週 2週 3週 5週 6週 8週 9週
安藤 誠明 4 4 7 11 11 10 7 ↑3
與那城 奨 23 24 24 26 19 17 8 ↑9
キム・ヒチョン 10 6 4 4 6 5 14 ↓9
本田 康祐 47 39 33 28 13 15 15 0
大澤 駿弥 11 12 11 9 8 8 19 ↓11
佐野 文哉 94 57 79 57 37 34 21 ↑13
金城 碧海 66 85 38 33 26 25 24 ↑1

2PICK(実質4)になって、”よなとも”上がってきましたね~

ここまで、グイっと上がってくるとは!!

ヨナくんに関しては、ようやくデビュー圏内。ここは、シクパ箱推しや、よなとも推しも多いはずですので、1PICKは強いでしょう。そして、四天王の2PICK目もボーカルメンバーに入れてる人も多いでしょう。

今のまま行けば、2人揃ってデビュー行けそうですね!!

ヒチョンくんは、ヘイロの中では一番下の順位。バス発言や兵役問題で、多少ヘイロ界隈もざわついていますし、2PICKになって、票が流れてしまったのでしょうね。ただ、ヘイロペンは、一定数いるでしょうし、20位以内には残ってくると思います。様子見ですね。

佐野くん、本田くんは、今回の放送で結構票が動きそう。本田兄貴も行動が悪かったとは思いませんが、人によっては受け取り方もそれぞれ。前半放送組の中では、佐野くん、SKYくんが、順位が上がりそうなので、本田の兄貴も非常に微妙なところです。

そして、大澤くん。もう初回から良キャラで彼にはたくさん楽しませてもらった分、大分下がってしまって悲しいです。やはり秀でた一芸(ダンスかボーカル)があるメンバーが残ってきているので、より厳しくなりそう。んーーどうにかファイナルまで残ってほしい。

最後に勝手な予想ですが、SKYくんは、今回で確実に爆上げでしょう。

コンセプト評価:やんちゃBOYやんちゃGIRL(9話)

やんちゃBOY やんちゃGIRL (レトロハウス)

ピュアだった幼い頃の気持ちに戻って永遠にいたいというテーマの歌詞。

作詞:  KZ / 中村彼方
作曲: KZ / Nthonius / PUYO

 

メンバー
宮島優心 センター/サブボーカル 2000年12月13日(18歳) 164㎝/49㎏ B→A
今西正彦 ラッパー 2001年7月7日(18歳) 171㎝/65㎏ F→B
北川玲叶 ラッパー 2002年9月29日(17歳) 170㎝/52㎏ D→F
小松倖真 メインボーカル 2001年10月22日(18歳) 165㎝/50㎏ D→D
福地正 リーダー/サブボーカル 1993年9月30日(26歳) 163㎝/54㎏ F→C
佐藤隆士 サブボーカル 2001年10月26日(18歳) 171㎝/56㎏ C→C
大平祥生 サブボーカル 2000年4月13日(19歳) 176㎝/63㎏ C→B

※ 6名脱落により、1名補充。  三井くん、井汲くん落ちたのまさかの事態。

完全にノリと雰囲気がDK。このメンバーにいて、浮かない福地くん(26歳)すご。

3行感想
  • はぁ かわいい
  • さとりゅの歌唱力爆上がり
  • これが最後のメンバーもいるかと思うと緩む涙腺(もはや親心)

まず、大平くんがDOMINO組から放出、その後クンチキタにも選ばれず、最後にやんちゃ組の部屋に来た時、もう日プ史上最大の涙腺崩壊シーンでした。

みんな優しく歓迎してくれて、ウェルカムボードまで書いて、もう本当いい子たちだ…

あんなシーン見せられたら、もはや温かい目でしか見れないでしょう…。しかも曲も何回も聞きたくなるような甘酸っぱくて、いい曲。メンバーも振り切って楽しんでいるのは伝わってきます。

ただ、ものすごいシビアに見たら、トレーナーの方が言ったように、足を上げる振りとかあげ方や高さが合っていなかったり、細かいところがバラバラだったり、ハートの形が綺麗に出来てなかったり、全体の仕上がりとしては、あと1歩というところではないでしょうか…。

センター宮島くんに皆が合わせられたら、もっとクオリティーが上がりそうだったのに。

比較ではないですが、プデュXの”イポイポ”も、あれだけダンスが合って、揃って、その上で可愛いですもんね…。

かわいい曲は、ベネフィット取りにくそうですが、個人的にはあと一皮むけたかった印象…。

 

9週目順位&予想
1週 2週 3週 5週 6週 8週 9週
大平 祥生 15 9 8 7 9 11 13 ↓2
今西 正彦 5 8 13 13 20 22 20 ↑2
北川 玲叶 20 18 20 24 23 23 23 0
宮島 優心 18 15 10 10 12 18 25 ↓6
佐藤 隆士 35 31 35 56 36 33 27 ↑6
福地 正 50 60 67 59 27 32 31 ↑1

大平くんは、放出があったから今後少し順位上がりそうですよね。ただ、それ以上に上位メンの投票バトルが厳しくなってきていて、デビュー組に入れるか非常に微妙なところ。

そしてここは、20位周辺の順位の練習生が多いですね…。

HICOくんに関しては、最初のイメージ→WWW→Why?→やんちゃですから、持ち合わせているすべての魅力を完全に出し切って進んできているのではないでしょうか。好みはあるでしょうが、ダンスのスキルも十分ですし、キャラ立ちもしているので、20位以内に入れば、一般票で意外とデビューまでいく可能性も無きにしも非ず。

宮島くんは、やはりグループ評価から下降が止まりませんね…。確かに見た目子供っぽいですが、HIGH LIGHTでもしっかり馴染んでましたし、スキルがある分、上がり切れないのが残念です。

そして、最近何かと話題の北川くん。思春期の危うさ、脆さを持ち合わせていて、なんとも不安定な、まぁそこが魅力だったりもします。ただ、豆原くんと数か月しか誕生日が変わらないと思うと、精神状態はまだ社会に出るのはちょっと早いのかもしれないなぁ…とは思います。彼が、将来何かを目指したときに、今回のことで心を痛めたり、傷ついたりしないといいな。

コンセプト評価:クンチキタ (10話予定)

クンチキタ(ダンス/ヒップホップ)

練習生の努力や情熱を表した歌詞となっており、トラップサウンドをベースにしたダンスヒップホップ曲。

作詞:  Young Jay / BUGGY/ VEN / 中村彼方
作曲: Young Jay / BUGGY / VEN

 

メンバー
上原潤 1996年11月23日(23歳) 177cm/62kg C→B
青木聖波 2001年8月4日(18歳) 170cm/55kg B→D
宮里龍斗志 1997年9月13日(22歳) 168cm/62kg B→B
岡野海斗 2001年1月21日(18歳) 168cm/53kg C→D
井上港人 1999年12月26日(19歳) 176cm/68kg C→B
佐藤景瑚 1998年7月29日(21歳) 181cm/60kg A→A
木全翔也 2000年4月5日(19歳) 171cm/60kg A→A

7名脱落、2名補充。佐藤くん、木全くん IN。

佐藤くんは、まだ馴染みましたが、木全くんは、正直Black Outだったなぁ…。んー放出が悔やまれるけど、木全ファンは益々火が付いたことでしょう。

 

3行感想

 

9週目順位&予想
1週 2週 3週 5週 6週 8週 9週
上原 潤 6 7 12 17 22 12 5 ↑7
木全 翔也 19 23 22 22 17 14 9 ↑5
佐藤 景瑚 25 19 17 12 14 16 17 ↓1
井上 港人 28 32 39 36 28 30 22 ↑12
宮里 龍斗志 32 28 25 25 24 27 29 ↓2
青木 聖波 14 14 15 14 15 20 30 ↓10
岡野 海斗 54 82 82 50 30 28 35 ↓6

 

コンセプト評価:Happy Merry Christmas(10話予定)

Happy Merry Christmas (ハウス)

クリスマスを連想させるハッピーなダンスナンバー。歌詞は大切な人と過ごすクリスマスの甘酸っぱさを表現。

作詞:  小久保祐希
作曲: Bae Jae Seok / 小久保祐希

 

メンバー
白岩 瑠姫 センター/サブボーカル 1997年11月19日(22歳) 175cm/55kg C→B
床波 志音 サブボーカル 2000年4月24日(19歳) 175cm/58kg C→B
男澤 直樹 リーダー/サブボーカル 1998年12月5日(20歳) 170cm/60kg B→B
中本 大賀 サブボーカル 2001年2月17日(18歳) 181cm/65kg D→C
磨田 寛大 ラップ 1999年9月1日(20歳) 171cm/58kg F→F
浦野 秀太 メインボーカル 1997年6月17日(22歳) 178cm/61kg C→C
佐藤 來良 ラップ 2000年5月9日(19歳) 175cm/63kg A→B

 

3行感想

 

9週目順位&予想
1週 2週 3週 5週 6週 8週 9週
白岩 瑠姫 22 20 19 16 16 13 4 ↑9
床波 志音 87 65 94 35 21 19 16 ↑3
佐藤 來良 36 34 27 21 18 21 18 ↑3
磨田 寛大 24 26 29 41 41 26 26 0
男澤 直樹 58 69 75 27 25 24 32 ↓8
中本 大賀 61 36 30 29 31 29 33 ↑4
浦野 秀太 81 72 96 49 57 35 34 ↑1

 

コンセプト評価:DOMINO(10話予定)

DOMINO(フューチャーベース)

ディープ・ハウスで主に使用されるプラック・サウンド(弦を弾いたような音色)を使用。新しい世界に入る不安やときめきをドミノに例えた曲。

作詞: 中村彼方
作曲: チェ・ヒョンジュン / Kim Seung-soo

 

メンバー
キム・ユンドン 1995年2月19日(24歳) 176cm/61kg A→A
川尻 蓮 1997年3月2日(22歳) 173cm/60kg A→A
豆原 一成 2002年5月30日(17歳) 173cm/69kg A→A
川西 拓実 1999年6月23日(20歳) 170cm/57kg B→A
鶴房 汐恩 2000年12月11日(18歳) 178cm/64kg C→A
河野 純喜 1998年1月20日(21歳) 174cm/64kg B→B
チョン・ヨンフン 1993年1月15日(26歳) 180cm/67kg B→C

 

3行感想

 

9週目順位&予想
1週 2週 3週 5週 6週 8週 9週
豆原 一成 3 1 1 2 4 4 1 ↑3
川尻 蓮 1 2 2 1 2 2 2 0
鶴房 汐恩 7 5 5 5 3 3 3 0
チョン・ヨンフン 9 11 9 8 7 7 6 ↑1
キム・ユンドン 13 13 6 6 5 6 10 ↓4
河野 純喜 16 17 18 15 10 9 11 ↓2
川西 拓実 2 3 3 3 1 1 12 ↓11