NEWS

【脱毛難民】エタラビ優遇措置に電話をしてみた!エタラビ倒産で返金は可能なのか?

4月6日 脱毛サロン エターナルラビリンスやラットタットを運営する株式会社グロワール・ブリエ東京が倒産というニュースが入りました。

先日、てるみくらぶ倒産のニュースを聞いたときは、どこか他人ごとで『酷い話だな・・』なんて思っていましたが、

今回はまさか自分が当事者になるとは・・・。

何を隠そう私自身もエタラビ会員で現在進行形で脱毛中の身です。

最初ニュースを目にしたときは、信じられませんでしたし、

きっと同じようにエタラビやラットタットに通っていた方々も困惑しているはずです。

特に脱毛って大きなお金をかけて長く通うものですもんね。
納得いかないとお思いの方も多いはずです。

今回は、私が調べたり、問い合わせた範囲で、お役に立てそうなことをシェアしていこうと思います。

 
<スポンサーリンク>



 

実は結構前からヤバかったエタラビの現実


2016年8月に業務停止命令が出て以来、ミュゼも一度潰れたし、大丈夫でしょう!

なんて安易な考えでいた自分に今世紀最大級の反省と後悔を感じています…。

私が通っていたサロンの場合、割と新規店舗だったため予約が取れやすく、スタッフの人たちも感じが良かったので、満足していました。

 

ただ、2017年2月ごろ。
いきなり脱毛の機械が変わりました。

ミュゼに通っている子と話していたら、ミュゼと同じ機械だね!みたいな話になったんです・・・。
今考えるとこれも伏せんでしたね。

 

そして、2017年3月ごろ。
急に予約が取れにくくなりました。
これはお客さんが増えたからでなく、おそらく枠を減らしていたんでしょうね。

 

2017年4月。
内装を工事するため、15日以降の予約受付になると言われました。
よく考えたらおかしい事です。
だって私が通う店舗、まだ新規店ですもん…。

すべてタラればでしょうけど、もっと注意深く見ていれば…なんて後悔ばかりです。

 
<スポンサーリンク>



 

エタラビ破たん後の措置とは?返金は可能なのか?


皆さんもおそらくエタラビのホームページや日本エステ協会の文書などお読みになられたはずです。

いや、正直、内容が非常にわかりにくい!!!笑
私は、10回くらい読んでようやく意味が分かった気がします・・・

まずは、エタラビホームページへ。

(注意!現時点ではアクセス不可になっています)

久しぶりに見ましたが、このお店の雰囲気好きだったのになぁ・・・と少々悲しくなりました。

トップページには、『エタラビ会員の皆様へ』の文字が。
早速クリックしてみますと、破産手続開始決定のお知らせ のPDF。

(こちらも現時点でアクセス不可になっています)

内容としては・・・

  • 破たんが決定したこと
  • お金がないため「前払金返還請求債権」や「解約金返還請求債権」を使っても返せる可能性がない
  • 継続をしたかったら優遇措置を利用してください

ということが難しく書いてあります。
つまり、返金を希望しても返せないから追加のお金を払ってでも継続した方がいいよ・・・ということがオブラートに包んで書いてあります。

そして、この優遇措置とは・・・
日本エステテック経営者協会のホームページに詳しく載っています。

初めて聞きましたよww
そんな財団があるんですね。

 

こちらもトップページにエタラビ・ラットタット会員の皆様があります。

中身は、こちら

小難しい文章が書かれています。

こちらもエタラビHPと同じく、『どれくらい時間がかかるかも不明で、加えて返金される可能性はかなり低い』ということ。

優遇措置を利用した方が良いというようなことが書かれています。

ただ、この優遇措置も使用できる人、追加でお金がかかる人、様々です。

詳しく見ていこうと思います。

 
<スポンサーリンク>



 

優遇措置について詳しく説明!


① 優遇措置の対象者について

<対象となる方>

1.クレジットカード、現金、信販契約で代金全額をお支払済みの方

→ 上記のお客様は優遇措置1へ

2.信販契約ご利用、現在お支払中で、株式会社日本プラム、株式会社ダブルラックとご契約の方

→ 上記のお客様は優遇措置2へ

<対象とならない方>

・既にエステ契約を解約済みの方

 

通常、商品購入後、8日以内であれば消費者センターの『クーリングオフ制度』が使用できます。
しかし、現状のエタラビ会員の方で、これが使える方はほぼいないはず。

なぜなら、2016年8月に業務停止命令を受け、2017年5月24日まで、新規会員を獲得することが禁じられていたからです。

よってここ半年の間で契約した方はおそらくいないはずよね・・・。

となると、

  • 倒産以前に解約を申し込んだのに、未だに返金されていない方
  • 契約中で脱毛に通っていた方

のどちらかかと思います。

この、解約を申し込み済みの方の場合、優遇措置が使用できません。
もう戦うしかありませんね!絶対お金を取り戻してほしいです。

 

そして、契約中の方。
この方たちは、

  • 優遇措置を使用して継続をするか
  • 解約を求めるか

どちらかの選択肢が迫られます。

もちろん、残りの残金や回数でも選択は変わってくることでしょう。

 

②優遇措置の内容について

【優遇措置1】

クレジットカード、現金、信販契約で代金全額をお支払済みの方

GB 社、MP 社とのご契約における残回数分のお手入れについて、1回あたり定価(定価 エタ
ラビ 28,500 円(税込)、ラットタット 20,400 円(税抜))の<35%の費用(税抜)>をお支払い
いただくことで、継続して美容脱毛サービスをお受けいただけるプランとなります。

実際には、これまで通り、全身を4箇所に分けお手入れをしていただく形となりますので
来店時にお支払頂く額は以下の通りとなります。

◎ エタラビ会員様 1/4 回単価:2,309 円(税抜)

◎ ラットタット会員様 1/4 回単価:1,785 円(税抜)

<支払方法>

お支払については、これまで通りのご予約後、ご来店時に上記金額を現金又はクレジットカードで、都度お支払頂く形となります。

【優遇措置2】

信販契約ご利用、現在お支払中で、株式会社日本プラム、株式会社ダブルラックとご契約の方
こちらのお客様は、何らの負担なく、今後も信販会社のお支払を続けていただくことで、
サービス提供の継続が可能です。これまで通りお通いください。

 

私の場合、クレジットカードでの分割払いのため、優遇措置1となります。
今契約書を見返してみましたが、確かに信販会社のことも書かれています。

ただ、私が契約した時は、クレジットカード一択という説明を受けたんですがね・・・。
信販会社を通してたら、追加料金がいらないなんて・・・。
これまた納得いかないですよね。

 

私は、8回契約で、今4分の3済んでいるため、残りの回数は、17回。
よって、17×2309円=39253円(税抜き)。
4万円弱が、今後必要になってくるということです。

今毎月クレジットカードで引かれる1万円弱のお支払いに加えて、上記の2309円を毎回払うことになります。

 
<スポンサーリンク>



 

私が優遇措置を選択したわけとは?電話はこんな感じだった!


追加で料金を払うなんて!!!
と解約し、返金してもらう気120%だった私。

しかし、いち消費者なんて弱い立場ですね。
まず、この解約に関しての電話番号や問い合わせ先が全く載っていない!!

そもそもの電話番号は、使われなくなっていますし…。
完全にやり逃げ状態。

よってとりあえず、優遇措置ダイヤルにお電話してみました。

 

優遇措置に関する専用ダイヤル

電話番号 0120-202-042

受付時間 10:00~19:00

10:00ピッタリにかけましたが、繋がったのは、10分後でした。
予想したより早く繋がりちょっと驚きでした。

ただ、みなさん期待しない方が良いと思います。
このコールセンターのお姉さま方は、ただの優遇措置の申し込みを受けるだけのお姉さん。

 

都合が悪い事や返金に関しては、『存じ上げておりません』で返されます。
ただただ、優遇措置の申し込みに関してだけ、話を進めてくれます。

よって解約・返金を希望される方は、まずは、ご自身のクレジットカード会社や信販会社にお尋ねになるのも手かと思います。

また、一応Q&Aが開設されているようです。

こちらも見てみてください。

Q8.ローンの支払について、引落しを止めて欲しい。
A8.GB社及びMP社の破産により施術が受けられなくなった以上、当該施術分に対応する料金については支払いを停止することができると考えられます(抗弁権の接続)。もっとも、信販契約につきましては、顧客の皆様と信販会社の間の契約となりますので、支払停止を主張しても請求が停止されない場合は、信販会社各社に直接お問合せいただきますよう、お願い申し上げます。その上で、なお停止がされない場合は、消費生活センター、弁護士等にご相談ください。
なお、ミュゼ社と信販会社との協議の結果、一部の信販会社をご利用のお客様については、ミュゼ社が未消化の施術分を引き継ぐことによって顧客の皆様がこれまでどおり施術を受けていただくことが可能となる場合もあるとのことですので、支払いの停止を検討するにあたってはミュゼ社による優遇措置の内容(http://www.e-laby.com/にリンクがあります。)もご確認の上で判断されるのがよろしいかと存じます。

出典:http://www.etarabi.net/qanda-kaiyaku

ここからは、あくまで個人的意見ですのであしからず。

私は、コールセンターのお姉さまとお話をして・・・
優遇措置で契約を継続することにしようと思っています。

というのも・・・
時間対効果・費用対効果があまりにも望めないからです。

こういったケースの場合、かなりの時間を要することになってしまったり、

自分でかなり積極的に動かなければいけないことが多いかと思います。

 

もちろん気持ちとしては、追加料金を払うなんて納得していませんし、泣き寝入りと言われれば、そうなんでしょうが…。

今は、もうこうなった以上仕方ないという諦めの気持ちの方が大きいです。

後日、印鑑と身分証明を持って店舗に赴き、ミュゼ社の説明を受け、契約を結ぶことになります。

 

1つだけ朗報なのが、4月に予約していた分は無料で施工してくれるとのことです。
2309円を払う回数が1回減っただけでもまだラッキーかな。

 

まとめ


もうこうなった以上、どうにか自分の気持ちを納得させて、前に進まなければ・・・
なんて思いますが、なかなかそうもいきませんよね。

1000円、2000円の話じゃないですから、簡単に諦めがつく問題でもありません。

皆さまの状況が、少しでも好転することを願っています。

※こちらの記事に書いた情報は、あくまで専門的知識のない私が問い合わせをした断片的な情報にすぎません。

個々人の判断には責任が持てませんのでご了承ください。

 
<スポンサーリンク>



 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP