駅伝

出雲駅伝2019区間選手まとめ&速報結果!東海/東洋/青山の3枚岩を崩す大学は?

今回は、出雲駅伝2019区間選手まとめ・速報結果!東海/東洋/青山の3枚岩を崩す大学はどこだ?ということで、10月14日(祝月)に控える出雲駅伝2019に向けて各校の区間エントリーと結果をまとめていきます。

いよいよ駅伝シーズンの開幕。

毎年この時期が来ると、全く関係ないのに、選手並みに緊張し、監督並みに区間配置を考える。

この当日までの時間が最高に楽しみで仕方ありません。笑

3大駅伝初戦、スピード駅伝を制すのはいったいどの大学になるでしょうか…!!!

早速見ていきましょう。

出雲駅伝2019 区間エントリー選手まとめ

メンバーのエントリー、区間配置の発表は、前例に倣うとこのようになります。

1. メンバーエントリー
9月24日(火)12時00分まで大会事務所までメンバーエントリー
2. 公式からのメンバーエントリー発表
おおよそ大会の1週間弱前 ※各大学個別に発表したりもする
3.  区間発表
10月13日(日) 前日に区間発表
※出雲の場合、医師の診断書がなければ変更不可のためほぼ確定情報

 

出雲駅伝の詳細は、こちら ↓

出雲駅伝2019|日程コース区間距離&テレビ中継まとめ!優勝予想はどの大学?

エントリー選手は、こちらでまとめています ↓

出雲駅伝エントリー発表2019まとめ&大学一覧!今年の戦力分析はいかに!

出雲駅伝2019 区間エントリー(大学別)

区間エントリー主要大学選手&タイム

<1区>出雲の1区は絶対に失敗できない。

(東海)西川…2018年出雲駅伝1区6位/全日本学生駅伝1区4位

(東洋)西山…2018年・2019年 箱根駅伝 1位1区

(駒澤)山下…2019年箱根駅伝 9位2区 /2018年全日本大学駅伝 2位8区

この3大学あたりが、先頭争いを繰り広げそうですが、3人とも自ら引っ張っていくタイプではありませんね。昨年は、ローレンスグレ選手が、途中まで1区を引っ張っていましたが、今年は、誰がペースを作っていくことになるのでしょうか。

<2区>1区の流れそのままに。順位の入れ替わりも多数。

(東海)阪口竜平…2017年出雲駅伝1区区間賞/2019年箱根駅伝7区2位

(駒澤)伊藤颯太…2019年箱根駅伝5区5位/

(帝京)遠藤大地…2018年出雲駅伝1区11位/2019年箱根駅伝3区3位

1区で、東海、駒澤が抜けてくると2区でもいい流れが作れそうですね。

<3区>今年も各大学のエースが大集結!!

(青山)吉田圭太…2018年出雲・全日本/2019年箱根駅伝 3大駅伝区間賞

(東洋)相澤晃…2018年出雲駅伝1区2位/2019年箱根駅伝 4区区間新

(國學院)浦野雄平…2018年全日本2区3位/2019年箱根駅伝 5区区間新

この3大エースの戦いが見れるのも楽しみ!!後ろから追いかける展開になるのか、もしくは逃げきるのか、いずれにしろ3区で少しづつ差が開いてきそうですね。

駒澤の田澤選手と東海の塩澤選手も楽しみです。

<4区>初出場の選手多数!展開が読めないが、ミスをしたら大痛手。

<5区>こんなところに鬼塚くん?

<6区>最後は、アンカー勝負。

区間エントリーを見て…(6段階お星さま評価)

東海 ★★★★★☆

青山 ★★★★☆☆

東洋 ★★★★☆☆

駒澤 ★★★★★★

國學院 ★★★★★★

抜かりない区間エントリーは、駒澤、國學院。

東海は、調子の良い選手の区間配置と駅伝初出場選手を4区に。ここは、まぁ妥当と言えるエントリーだと思います。

東洋も初出場の選手3名。キーポイントは、1区の西山選手次第な気がします。定方選手アンカーもかなりの予想外ですが、調子が良いのでしょうね。

そして、謎の青山。キャプテンの鈴木選手は、貧血気味でレース回避。アンカーに竹石選手でなく、中村弟選手。いや~相変わらず読めない区間配置ですが、何かちょっと面白そうですね。

出雲駅伝2019 結果速報

結果速報出次第、追記します。なお、タイムは速報のため、後日修正が入る場合があります。どうぞご了承ください。

1区 (8.0㎞)

2区 (5.8㎞)

3区 (8.5㎞)

4区 (6.2㎞)

5区 (6.4㎞)

6区 (10.2㎞)

総合順位

大学 タイム
1 國學院大學  2:09:58
2 駒澤大学 2:10:06
3 東洋大学 2:10:09
4 東海大学  2:10:18
5 青山学院大学  2:10:51
6 立命館大学  2:13:11
7 帝京大学  2:13:49
8 順天堂大学  2:14:04
9 拓殖大学 2:14:18
10 法政大学  2:14:20
11 中央学院大学 2:14:36
12 北海道学連選抜 2:16:17
13 アイビーリーグ 2:16:31
14 関西学院大学  2:17:06
15 皇學館大学  2:17:33
16 北信越選抜  2:17:36
17 愛知工業大学 2:18:45
18 広島経済大学 2:19:02
19 京都産業大学 2:19:54
20 第一工業大学 2:20:34
21 東北学連選抜 2:20:37

区間賞選手

1区  ローレンスグレ 北海道学連選抜
2区 岸本大紀 青山学院大学
3区 相澤晃 東洋大学
4区 神林勇太 青山学院大学
5区 小野寺悠 帝京大学
6区 土方英和 國學院大學

勝手に振り返り&女性目線で勝手にMVP

なんと面白い出雲駅伝だったのでしょう!!!

いや~とても興奮しました!!!こんなにアンカーまでに5校くらいが、混戦しているなんて、久しぶりな気がします。

まずは、國學院大學、初優勝おめでとうございます!!!前評判も高かったですが、やはりこれだけ各大学の実力が拮抗している中で、勝負に勝ち切ることは、非常に難しいことだと思っています。1区から大きなミスをすることなく、最後の最後まで諦めなかった結果の初優勝。これで、全日本や箱根も更に楽しみになってきましたね♬

2位は、駒澤大学。

惜しかったですね~、個人的には、駒澤大学が優勝すると思っていたので、残念ですが、最後アンカーは土方選手が強かっただけ。仕方がありませんね。國學院大学同様、大きなミスなく襷を繋げていた印象です。そして、何より3区のルーキー田澤選手。鮮烈デビューでした。身体も社会人かのように出来上がってますし、今後が末恐ろしい1年生です。

3位は、東洋大学。さすがです…。

1区で西山選手が最後絞り切れなかったので、悪い流れになるかな…と思いきや、やはりさすがですよね。相澤選手は、もちろんのこと、今西選手ももちろん強いですし、駒が足りていないはずなのに、出ている選手が120%の力を出し切ってました。初駅伝でも力を出せるのは、酒井監督のマインドコントロールの仕方なんでしょうか…。

4位は、東海大学。惜しかった…。

どの区間が、どうというのも忍びないのですが、優勝という点で行けば、やはり2区の阪口選手でトップに立っておきたかったかなぁ…とは思います。そうなれば、少し展開が違ったでしょうか。舘澤選手のように流れを180度変えられる選手がいない以上、少しでもミスがると響きますよね。ただ、アンカーの西田選手はよかったですね!3冠を狙えるだけの戦力を持ち合わせているため、ぜひ勝ち切ってほしいです。

5位は、青山学院大学。

青山ってかならず1レースで見せ場を1回は作ってくれます。4区までは、非常に非常に面白かったです!!あまり前評判が高くなかったせいか、やっぱ青学強いじゃん!ってなってました。ただ、もうミスすると負けですよね。5区でズルズル遅れて、6区もそのまま、最終的に5位でゴール。下級生が良かった分だけ、なんだか残念な結果です。

 

6区間という短い区間の出雲駅伝。やはり、ミスなく流れに乗ったチームが勝利をつかみましたね。特に、ここ数年3強と言われる時代が続いていましたから、新たな風が入ってきて、非常に見ごたえがありました。

全日本大学駅伝まで、1ヶ月を切っていますから、ぜひまた混戦の、面白い展開を期待したいです。