Dorama

【恐怖新聞】2話ネタバレあらすじ&感想!恐怖の連鎖は止められるのか?

今回は、【恐怖新聞】第2話ネタバレあらすじ&感想!をまとめてみました。

昔は、よくテレビでも心霊特集やスピリチュアル系の番組が多かったかと思うのですが、最近はあまり見かけませんよね。

規制が厳しくなったとは聞きますが、夏の楽しみが少し減った気はしていました。

そんな中、久々にテレビドラマとして、ガチのホラーが帰ってきました。しかも、今回監督は『リング』を手掛けた日本ホラー界の巨匠 中田秀夫監督、シリーズ構成が、乙一さん、脚本が、世にも奇妙な物語などを手掛ける高山さん。

加えて、プロモーション動画には、また本編とは別に山口敏太郎さん監修で、遊山直奇監督とホラーの担い手をコレでもかと招聘し、気合いが入っているようです!!!

放送日時: 2020年8月29日(土)~10月10日(土)
放送時間: 23時40分~24時35分(予定)
放送回数:  全7回(予定)

原作: つのだじろう『恐怖新聞』
脚本: 高山直也
主題歌:  THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『FEARS』

ホラーは、映像にすることで、また違った恐怖が増してきますよね…。

以下、「恐怖新聞」2話のネタバレになっておりますので、ご覧になっていない方は、ご注意ください。

恐怖新聞とは…(漫画原作ネタバレ一部あり)

原作は、つのだじろう氏により、1973年~1975年まで『週刊少年チャンピオン』誌(秋田書店)において、連載された恐怖漫画です。


引用:Amazon

漫画上では、主人公は、中学生の男の子 鬼形礼(きがた れい)。ドラマの設定では大学2回生となっているので、その部分で大幅に違っています。

「恐怖新聞」:読めば寿命が縮む、未来が描かれた新聞にとりつかれた鬼形礼の物語。

「恐怖新聞Ⅱ」:二代目は女性主人公。前作で死んだ鬼形とともに恐怖新聞に立ち向かう。

「恐怖新聞 平成版」:初代の生まれ変わりの鬼形がまた恐怖新聞に取り憑かれる。『着信アリ』のように携帯電話を利用して「恐怖新聞」が送られてくる。

おおもとの設定として、「恐怖新聞」には、不幸な未来が描かれており、翌日、その記事は現実となってしまう。そして、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる。

自らが配達人として「恐怖新聞」を配達することになった所で物語は終わる。

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ1話までのおさらい

1話 簡単あらすじ

一人暮らしを始めた小野田詩弦(白石聖)。初日の深夜零時に玄関の扉を乱打され、新聞受けに入れられた「恐怖新聞」。そこには数日後、若い女が墜落死するという記事が…半信半疑の詩弦だったが数日後に自殺を目撃、その光景はまさに恐怖新聞で見たものだった。

その後も届く新聞に詩弦の父・蔵之介(横田栄司)の死の予言・・・。父を救うため動く詩弦に自身の出生の秘密が迫る。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

死の間際に蔵之介が放った言葉、隠された詩弦の出生の秘密とは…。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

見なきゃわからない、詳しく読まなきゃわからない、是非、詳細あらすじで怖さを体感の上、2話の見どころに進んでください。

1話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】第1話ネタバレあらすじ&感想!ラストシーンに衝撃が走る…

恐怖新聞ドラマ2話のあらすじネタバレ

2話 簡単あらすじ

詩弦は、恐怖新聞の前の契約者・蜷川冬夜と再会し、「恐怖新聞は、読むたびに寿命が100日縮まる」と聞きひどく動揺する。そんな矢先、唯一の情報源・蜷川冬夜が事故に巻き込まれたことで、これ以上の情報を聞き出すことが出来なくなってしまった。

そんな中、詩弦に届いた新聞には、刺殺事件が描かれていた。予告された事件を阻止するべく、詩弦は恋人の松田勇介、親友の宮沢桃香に協力を仰ぐ。不幸の連鎖は果たして止められるのか?

引用元:公式HP「恐怖新聞」

ここからが詳細ネタバレになります。

”少しは頼れよ、恋人同士だろ”

不慮の事故により命を落とした詩弦の父 蔵之介の葬式がつつがなく執り行われていた。

葬式には、心配した彼氏 勇介の姿も。

・・・・

『お前のせいだ、お前が生まれたせいだ』

詩弦は、父の最後の言葉がどうしても頭から離れなかった。

 

そんなとき、『どうしてあの紙に怯えたの?恐怖新聞って何?』

勇介に声を掛けられハッとした詩弦。

勇介は、暗い表情の彼女をひどく心配していた。しかし、大好きな彼までも大変なことに巻き込みたくないと答えるのも渋ったのだった。

そんな2人を陰から覗く怪しい人影。

最後の言葉の真実

憔悴しきった表情の母は、お葬式が終わった後も父の遺影の前から決して離れなかった。

『お父さん、最後になんて言ったの?看護師さんが、娘さんに最後の言葉を何か言ってたって・・・・』

そう尋ねる母に、

『何も。』

そう嘘をつくしかなかった。

父が死んだというのに、どこか平静を保つ詩弦に

『たった一人の父親が死んで悲しくないの?』苛立つ母は、こうぶつけるのだった。

『お父さん、死ぬ前に私にこう言ったの、お前なんか生まれてこなきゃよかった、全部お前のせいだ』って。

悲しくないわけじゃない。ただ、父の死という事実より、父が残した最後の言葉に苦しめられているだけなんだ。

その言葉を聞いても、母はその現実を受け入れられるような精神状態ではなかった。

再び届く恐怖の新聞

ジャーーーーーーー

シャワーを浴びる詩弦。ふと喉に違和感を感じ、手を入れてみると・・・

口の中から真っ黒の長い髪の毛が‥‥。

直後シャワーから真っ赤な血が降り注ぐ。

 

1人暮らしの家に帰ってきた詩弦は、悪夢に苦しんでいた。

深夜12時前。

目覚めたとき、足元にはまたあの新聞が‥‥。

おかしな出来事は引っ越しのせい…?

『ごめんね、お葬式行けなくて…』

そう謝る幼馴染で親友の宮沢桃香。

『気にしなくていいよ』

気のない返事をする詩弦に、冗談で明るく振舞おうと茶化す。

 

・・・・

『恐怖新聞』

・・・・・・・・

『恐怖新聞は実在するの、私のところにも来たの!!』

『恐怖新聞には、お父さんのことが書かれていて、止めようとしたのに・・・』

そう捲し立てる詩弦に、怪訝な顔を浮かべる桃香。

ただ、到底うそを言っているようには見えない真剣な表情に、戸惑いを隠せなかった。

『詩弦が引っ越したあの部屋呪われてるんじゃない?だって引っ越してからでしょ?』

ここ最近、妙な事件に立て続けに巻き込まれる詩弦に、そう投げかけるのだった。

男の失態

ーーーとある会社-----

『・・・異動ってどういうことですか?』

『文句があるならどっかよそに行くしかない。だってお前は、未成年と・・・』

ーーーーーーーーーーーー

納得がいかない表情の男。

『退職金もらえるだけでもいいと思え。』

そう告げられる。

命を吸い取る新聞・・・?

『お待たせしました、代金は・・・』

アルバイト先に宅配に来た詩弦。

しかし・・・そこにいた男は、なんとあの引っ越し業者の怪しい奴だった。

咄嗟に逃げようとする詩弦に対して男がこう投げかける。

『恐怖新聞から逃れる方法を知りたくないのか?』

恐怖新聞の存在を知る男に、戸惑う。

『俺は、お前の前に恐怖新聞を受け取っていた。

恐怖新聞は一度受け取るごとに100日寿命を吸い取られる、そして最後に死ぬんだ・・・

俺のようになりたくないなら、一日でも早く恐怖新聞を止めろ!!!』

・・・・そう叫ぶ男。

男は、なんで逃げる?

『やっと現れよったな・・・』

そこに来たのは、京都東警察署・刑事の篠崎。

篠崎は、殺人現場に何故か現れる男の正体に気付き、後を追っていたのだった。

・・・

刑事に気付き、逃げる男。

『待て!!!』

何度も何度も揉みあいになる2人。

ガタガタガタ、ドーーーーーン。

階段で掴み合いなった2人は、下まで転げ落ちてしまうのだった。

あんたのせいでお父さん死んだのよ

男は、刑事との揉みあいの中、頭を打って意識不明の重体になってしまった。

”恐怖新聞を止める方法”という肝心な情報を聞き損ねてしまった詩弦は、今後どうしたらいいのかわからずにいた。

 

そんな時、実家のカフェの常連さんから電話が。

母の様子がなんかおかしいと。

急いで、家に帰ると詩弦は、衝撃的な母の姿を目撃するのだった。

・・・・・・・・・・

ボリ・・・ボリ・・・バリ・・・・

遺影の前で、父の骨に無心に喰らう母の姿。

『止めて!!!』

正気ではない母の姿に、必死に止める詩弦。

『詩弦のせいよ、詩弦がお父さんを殺したのよ!!!!!!』

・・・・お父さんは詩弦に殺された。お父さん、痛かったね…。お父さん、お父さん・・・・その様子は常軌を逸していた。

運命には抗えないのか…

アパートに戻った詩弦は、父の死に関して、母にまで責められ、一層後悔の念に駆られるのだった。

『どうして、助けられなかったのだろう・・・』

いつものようにベランダで呟く詩弦に、どこからともなく現れるアパートの隣の家の男の子は答えるのだった。

『世の中には絶対あらがえないものがあるんだよ、あらかじめ定められた運命の中で生きている。』

『じゃあ、私のお父さんが死んだのも運命ってこと?』

『運命は、変えることが出来ない。だから向き合うしかないんだ・・・』

ふと横を見ると、男の子の姿はもうそこにはなかった。

未来を変える…?そんなことできるの?

恐怖新聞を眺める詩弦。

そこに現れたのは、勇介だった。

何かと気にかけてくれる勇介の存在は、詩弦にとって心強いものだった。

 

『お父さんの死をわかっていながら助けられなかった。これからも、そう。黙ってみてるだけ・・・』

『これから起こる悪い未来がわかっているなら、いい未来に変えればいいじゃん。』

そう励ます勇介。

父の死を目の当たりにして、運命には抗えないものだと思っていた。どこか諦めていた自分がいた。

勇介に言われた言葉に、ハッとするのだった。

2人の心強い協力者

『初めまして~~』

詩弦は、親友の桃香と彼氏の勇介を会わせた。

悪い未来を変えるための協力を得るためだった。

『明後日、この公園で人が刺される。被害者は、子供を連れた30代の女性。どうしてもその人のことを守りたい』

そういう詩弦に、

『やるよ!協力するよ、幼馴染じゃん』

桃香は、協力することを約束してくれた。

3人は、犯人の男を止める、被害者に近づけさせないようにするつもりだった。

恐怖新聞を見て書き写した男の特徴を2人に説明し、準備を整えていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『・・・父さん』

歩道橋で待ち伏せしていた男に、冷たい態度で答える男の子。

そして、駆け寄る母親にこう言われてしまう。

『大切な家族を壊したのは、あなたよ。いい年して未成年に厭らしいことを・・・二度と関わらないで』

怪しい男の部屋と謎の免許証

とあるアパートの一室を訪れる刑事の篠崎。

不気味なアパートの壁一面には、詩弦、そして詩弦の周りにいる勇介、桃香の写真が貼られていた。

『ストーカーなのか…』

単純にそう納得しようとした篠崎だったが、ふと机の上にあった1冊のノートに目にはいった。

無作為に切り取られ、張られた新聞の記事。

ネット通販3強 競争激化

通算決算の数字グラフ

そして、ノートの最後に大きく殴り書きされた赤の文字。

”恐怖新聞”

『なんだこれ…』

机の捜索を続けると、そこには免許証が。

『平成6年生まれ・・・25歳???』

何故あの初老の男の部屋にこんな免許証が?

事件当日

『この男を見つけたらくれぐれも無理しないこと』

3人は、予定通り事件を止めるべく、別れて見張る計画を立てていた。

事件が起こるのは午後3時。

・・・あと5分

3人はなかなか男の存在を見つけられずにいた。

 

『きみ、小野田詩弦さんの知り合いですよね?』篠崎に尋ねられる桃香。

その後ろを通り過ぎる目星の男。

14:56

『私の話、聞いてくれます?』謎の女性に話しかけられる勇介。

その奥を通り過ぎる探している男の姿。

 

『あの人!!!』

詩弦の目の前に現れた男。詩弦は彼の犯行を止めようと必死に話しかけた。

 

『一歩踏み出す勇気を出せば大丈夫だから!』

詩弦から犯人を見つけた旨の連絡を受けた勇介は、女を適当にあしらうためにそう言った。

『踏み出せばいいんですね…』女はそう不気味につぶやいた。

犯人を止めるために・・・

『あの!ちょっと私と話しましょう!』

男にそう話しかけるも怪訝な顔をされる。

ーーーーーー

その時。

向こう側から歩いてくる先日の女性と子供。

その姿を恨めしそうに見つめる男。

 

・・・・きっとあの人たちが被害者だ!!

『ダメ、こないで!!』親子に向かってそう叫ぶ詩弦。

真犯人とただならぬ狂気

『見ぃーつけた』

甲高く響く女性の声。女性は、ナイフを取り出し、勇介の横、詩弦の横を通り過ぎると真っ先にその親子の元へ。

猛ダッシュで駆け寄り、母親の首筋から刃物を振り下ろす、間髪入れず、息子の方にも。

『だって、おじさん私より奥さんと子供選ぶんだもの、私悲しくて泣いちゃったよ…』

・・・・・・

『南無阿弥ーー』

大きな声でそう叫ぶと、女は自分の首筋にもナイフを当て、そのまま倒れこんだ。

近くにいた、詩弦、勇介、桃香には真っ赤に染まった返り血が飛んだ。

俺と手組みませんか?

『事実が変わってる・・・』

前に見た恐怖新聞には、死者1名で男の子は軽傷だったはず。

しかし、今見ると”死者2名”という表記が。

 

詩弦たちが必死に事件を止めようとしたことが、皮肉にも事件の内容を変えてしまうことになったのだ。

『正直に答えてください、今日起こる事件のこと知ってたんじゃないですか?』

そう尋ねる篠崎に、正直に『はい』と答える詩弦。

警察で事情を聞かれる詩弦。

恐怖新聞のことを正直に話すと、

『小野田さん、俺と手組みませんか?』

篠崎にそう持ち掛けられるのだった。

ーーーー終わりーーーーー

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ2話の感想

怖かったシーンMY BEST3

  1. なんで口から髪の毛
  2. お母さん、骨食べないで…
  3. 綺麗なフォームで走り抜け事件を起こす

まずは、口から髪の毛のシーン。

こっわ!!!

といいますか、気持悪いーーーー。喉がモゾっとして、口に手を入れたらあんなに長い髪の毛が出てくるんですもん…恐ろしい。しかもそのあと血のシャワー。

そして、お母さん黒木瞳さんの骨をむさぼるシーン。

地方によっては、骨噛みといって遺骨を食べる風習がある所もあるそう。でもそれはあくまで都市伝説レベルだと思っていました…。

めちゃめちゃ貪ってましたね…。よほどお父さんのことを愛しておられたのでしょう。

最後に、恐怖新聞の予告事件のシーン。

あの女性、もう話しかけてきた時点で目線がヤバかったですよね。なんかヤバい奴だと思っていたら、まさかの事件の犯人でした。血が噴き出すシーンには、あまりリアリティを感じず、そこまで怖くはなかったのですが、なんともあの女性の狂気は凄かった。

そして、走り方が凄かった…。

昔学校の階段で見た人体模型が夜中に走り出したときと同じ走り方でした。

 

謎シーン MY BEST3

  1. いつの間にやら恋人同士に
  2. 幼馴染の父の葬式に行かない理由
  3. 未成年との…は真実だったのか

みなさん、気になったことでしょう。1話でいきなりキスをし、2話はもうカップルでした。いつの間にやら、お付き合いをされていたのでしょうか?

それは、いいとして、初回の登場以来、あの親友の桃香ちゃんもどうも怪しくて仕方ありません。話し方や雰囲気もなんだかちょっと怖いし、幼馴染で、親友の立場でありながらお葬式に行かなかったのは何故…?

ちょっと今後の動向が気になる所です。

最後に、お父さん。

未成年との関係を持った?ことで会社をクビに、家族にも見放されていました。

もし、これが事実であればそりゃ仕方ないことだと思うのですが、それにしては、あのお父さん家族に対してちょっと強気でしたよね?『話を聞いてくれ』的な。

しかも、おそらく関係を持った女性が、あの自害した女性であるならば、ストーカーされてただけなのか?とか、本当は関係を持っていなかったのでは?とか様々な憶測も考えられます。そこだけ気になる所です。

恐怖新聞ドラマみんなの感想まとめ

リア友にさ恐怖新聞みてって言われたから見てみたんやけど、、めっちゃ血ブッシャー!!ってなるやん。気持ち悪くなる口を開けて冷や汗をかいた笑顔((じゃあ見るなw
恐怖新聞がドラマ化していたことに驚きすぎて食い入るようにテレビ見ちゃう 漫画大好きだった
恐怖新聞2話みたけど おもしろかった(笑) 1話はなんか怖くて見れんかったけど 2話見ておもしろくて 来週が気になる(笑)
あー恐怖新聞見るんじゃなかった絶叫した顔怖すぎ。流血シーン脳に残るやつ夢に出てきそう。怖いの苦手なのになぜ見たんだろう我慢している。予録切る
恐怖新聞は地上波にしてはなかなか攻めてるな。
恐ろしいので昼間観てます(笑)

 

個人的にも1話に比べると、ホラー的要素が少し減ったかな・・・という印象はありますが、恐怖新聞の今後の行く末というかストーリー自体にはかなり興味があります!!

恐怖新聞ドラマ3話に向けて

3話の予告がこちら。

事件を未然に防ぐつもりがさらなる悲劇を招き、「生まれて来ちゃいけなかったんだ」と落ち込む詩弦。心配した勇介は、母・歌子を訪ね喫茶店へ。自分の過去を重ね「詩弦をちゃんと見て欲しい」と訴える。

勇介の助言を受け、カウンセリングを受けるようになった詩弦。カウンセラーの大井川明日香からは「恐怖新聞には関わらないことが一番大切」とアドバイスを受ける。少し前向きな気持ちになり、久々に大学に行ったが、桃香(片山友希)から「あんたが巻き込まなきゃ…私の人生を滅茶苦茶にした!」と責め立てられる…。

そんな詩弦に追い打ちをかけるように、何度無視しようとも、恐怖新聞が時と場所を変えて執拗に届く。逃げるように自宅に戻った詩弦。そこに現れたのは歌子で…。娘が子供のように泣きじゃくりながら事情を話すのを聞き、歌子は恐怖新聞の存在を信じることに。新たに届いた新聞には子供の虐待死事件が予言されていた。お父さんが死んだときの悲しみを誰にもさせたくない」と事件を防ごうと提案する。

詩弦は前回の刺殺事件の後、「手を組まないか」と持ち掛けてきた刑事・篠崎(駿河太郎)のもとへ。恐怖新聞に関する情報と引き換えに、篠崎から児童虐待の通報リストをもらい、歌子と2人でリストの家を訪ね歩く。予告日が迫るなか恐怖新聞の挿絵を手がかりに、ある人物の家を特定する…母娘は悲惨な事件を防ぐことはできるのか!?

一方、意識が戻り病院から逃走していた冬夜(猪野学)は詩弦に電話をかける。隣に住む片桐ともを(坂口涼太郎)とベランダで話していた詩弦だったが、電話の内容に衝撃を受ける…!運命を変えるべく行動を起こしたことで、詩弦を取り巻く人間関係が音を立てて崩れていく。死へのカウントダウンが始まる…。

3話の詳細あらすじはこちらから ↓

【恐怖新聞】3話ネタバレあらすじ&感想!孤独に蝕まれる詩弦とその運命は?

error: Content is protected !!