Dorama

【恐怖新聞】3話ネタバレあらすじ&感想!孤独に蝕まれる詩弦とその運命は?

今回は、【恐怖新聞】第3話ネタバレあらすじ&感想!をまとめてみました。

昔は、よくテレビでも心霊特集やスピリチュアル系の番組が多かったかと思うのですが、最近はあまり見かけませんよね。

規制が厳しくなったとは聞きますが、夏の楽しみが少し減った気はしていました。

そんな中、久々にテレビドラマとして、ガチのホラーが帰ってきました。しかも、今回監督は『リング』を手掛けた日本ホラー界の巨匠 中田秀夫監督、シリーズ構成が、乙一さん、脚本が、世にも奇妙な物語などを手掛ける高山さん。

加えて、プロモーション動画には、また本編とは別に山口敏太郎さん監修で、遊山直奇監督とホラーの担い手をコレでもかと招聘し、気合いが入っているようです!!!

放送日時: 2020年8月29日(土)~10月10日(土)
放送時間: 23時40分~24時35分(予定)
放送回数:  全7回(予定)

原作: つのだじろう『恐怖新聞』
脚本: 高山直也
主題歌:  THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『FEARS』

ホラーは、映像にすることで、また違った恐怖が増してきますよね…。

以下、「恐怖新聞」3話のネタバレになっておりますので、ご覧になっていない方は、ご注意ください。

恐怖新聞とは…(漫画原作ネタバレ一部あり)

原作は、つのだじろう氏により、1973年~1975年まで『週刊少年チャンピオン』誌(秋田書店)において、連載された恐怖漫画です。


引用:Amazon

漫画上では、主人公は、中学生の男の子 鬼形礼(きがた れい)。ドラマの設定では大学2回生となっているので、その部分で大幅に違っています。

「恐怖新聞」:読めば寿命が縮む、未来が描かれた新聞にとりつかれた鬼形礼の物語。

「恐怖新聞Ⅱ」:二代目は女性主人公。前作で死んだ鬼形とともに恐怖新聞に立ち向かう。

「恐怖新聞 平成版」:初代の生まれ変わりの鬼形がまた恐怖新聞に取り憑かれる。『着信アリ』のように携帯電話を利用して「恐怖新聞」が送られてくる。

おおもとの設定として、「恐怖新聞」には、不幸な未来が描かれており、翌日、その記事は現実となってしまう。そして、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる。

自らが配達人として「恐怖新聞」を配達することになった所で物語は終わる。

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ2話までのおさらい

1話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】第1話ネタバレあらすじ&感想!ラストシーンに衝撃が走る…

1話 簡単あらすじ

一人暮らしを始めた小野田詩弦(白石聖)。初日の深夜零時に玄関の扉を乱打され、新聞受けに入れられた「恐怖新聞」。そこには数日後、若い女が墜落死するという記事が…半信半疑の詩弦だったが数日後に自殺を目撃、その光景はまさに恐怖新聞で見たものだった。

その後も届く新聞に詩弦の父・蔵之介(横田栄司)の死の予言・・・。父を救うため動く詩弦に自身の出生の秘密が迫る。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

死の間際に蔵之介が放った言葉、隠された詩弦の出生の秘密とは…。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

2話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】2話ネタバレあらすじ&感想!恐怖の連鎖は止められるのか?

2話 簡単あらすじ

詩弦は、恐怖新聞の前の契約者・蜷川冬夜と再会し、「恐怖新聞は、読むたびに寿命が100日縮まる」と聞きひどく動揺する。そんな矢先、唯一の情報源・蜷川冬夜が事故に巻き込まれたことで、これ以上の情報を聞き出すことが出来なくなってしまった。

そんな中、詩弦に届いた新聞には、刺殺事件が描かれていた。予告された事件を阻止するべく、詩弦は恋人の松田勇介、親友の宮沢桃香に協力を仰ぐ。不幸の連鎖は果たして止められるのか?

引用元:公式HP「恐怖新聞」

恐怖新聞ドラマ3話の見どころ

今回のポイントは、恐怖新聞に書かれた内容は、変えることが出来るのか?

公園での事件では、未来を変えようとして悪い方へ転がってしまいましたが、今回の事件では、未然に防ぐことが出来るのでしょうか…?

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ3話のあらすじネタバレ

3話 簡単あらすじ

恋人 勇介の勧めもあり、カウンセリングを受けることにした詩弦。『恐怖新聞には関わらないことが大切』というアドバイスを受け、少しだけ前向きな気持ちになっていた。

そんな詩弦に、どんなに時と場所を変えようとも執拗に届く恐怖新聞。抗えない運命に、母に事実を伝えることに。父を失った悲しみをもう誰にもしてほしくないと、事件を未然に防ぐことを提案される。

一方、意識が戻り病院から逃走していた男は詩弦に電話をかける。隣に住む片桐ともをとベランダで話していた詩弦だったが、電話の内容に衝撃を受ける…!運命を変えるべく行動を起こしたことで、詩弦を取り巻く人間関係が音を立てて崩れていく。死へのカウントダウンが始まる…。

引用元:公式HP「恐怖新聞」

ここからが詳細ネタバレになります。

警察署での取り調べ

警察署で詩弦を待つ彼氏の勇介と親友の桃香。

ギュっ・・・・・

桃香は、目の前で起きた残忍な事件に、恐怖の色を隠せず思わず勇介の服の裾を掴んでしまう。

「私、知らなかった。人間の中にあんなに血が流れていたなんて・・・」

震えた手で、勇介に助けを乞う桃香。

・・・・ガチャ

勇介は、桃香に掴まれた裾を咄嗟に振り払った。

「ごめん、待たせて…」

詩弦を抱いて、帰ろうとする勇介。そんな姿を桃香は恨めしそうに見つめるのであった。

頼むからこれ以上自分を責めないで

連絡が取れなくなった詩弦を心配してアパートを訪れた勇介。

「これ以上私といると不幸になる」

詩弦は、父の件、そして公園での事件で、本来死ぬはずのなかった男の子が、自分のせいで死んでしまったことに関して、途方もない罪悪感を抱えていた。

それでも勇介は、詩弦をそっと抱きしめ、

「抱えきれない程の苦しみがあるなら、一緒に支えるから」

そう言ってくれた。

その後、勇介は、詩弦の実家を訪れた。

招き入れた母の表情は、どこか浮かない顔だったが、勇介は、こう続けた。

「詩弦に会いに行ってやってくれ」と。

いろいろあってご飯も食べれていない詩弦に、自分の過去を重ねていたのだ。

勇介の父もまた事故で亡くなり、母はそれ以降おかしくなった。家庭はめちゃくちゃになってしまい、勇介はそれを間近で見て育ってきたのだ。

母を支えた勇介であったが、本当は母にもっと構ってほしかったのだという。

「詩弦のこと、ちゃんと見てやってください。出来ないんだったら、俺があいつをもらいます。」

強い覚悟で、詩弦の母親に迫った。

カウンセリング

勇介は、できることはなんでもやろうと、詩弦にカウンセリングを勧めていた。

詩弦は、あまり乗る気ではなかったものの、勇介の優しさに少しだけ心をゆだねることにした。

大井川先生と呼ばれる女性の先生は、詩弦を穏やかな表情で迎え入れてくれた。

恐怖新聞のこと、事件のこと、色々な話を先生にした。

「あなたが事件のことに責任を感じる必要はない。」

親に愛されて育たなかったという先生の過去に、どこか自分を重ね、詩弦は、少しだけ心が軽くなっていくのだった。

なんであんただけが愛されるの…

「詩弦、どうしてる?」

勇介をカフェに呼び出した桃香が尋ねる。

「少しだけ元気になったよ。」

そう嬉しそうに答える勇介に、桃香は怪訝な顔を浮かべる。

「会ってるんだ・・・」

あんな事件が起こったあとでも、2人の絆の強さを見せつけられたような気がした桃香。自分だけが、取り残されたような気持になってしまうのだった。

詩弦は私の人生めちゃくちゃにした

カウンセリングのおかげか久しぶりに大学の授業へと来ることが出来た詩弦。

しかし、そこには、すごい顔をした桃香がいた。

「あんたが私の人生めちゃくちゃにした」

あの事件のせいで、彼氏と別れ、あの血だらけの死体が、ひと時も頭から離れないという桃香。

以前より多少顔色が良くなった詩弦の顔を睨むと、

「詩弦があんな事件にさえ巻き込まなければ…」そう強く詩弦を責め立てたのだった。

どこにいても届く恐怖の新聞

「恐怖新聞に関わらないことが、一番いいこと」

カウンセリングの先生にそうアドバイスをもらった詩弦は、少しずつ日常を取り戻しつつあった。

しかし、そんな幸せな時間も長くは続かなかった。

 

自転車に乗っているとき・・・公衆トイレの中・・・

詩弦が、いつ、どこで、何をしてようとどこからともなく届く恐怖新聞。逃げても逃げても目の前に届く新聞に、詩弦はあの男の言葉をふと思い出した。

「恐怖新聞からは逃れることができない・・・」

母の優しさ

自宅に帰った詩弦は、逃れることのできない運命に恐怖を感じていた。

「助けて、神様・・・」

部屋の隅で震えることしかできない。

 

そんな詩弦を訪れたのは、母だった。

詩弦は、父の事件のことを洗いざらいすべて母に話した。母は、詩弦を優しく抱きしめ、自分が力になってやれなかったことを謝った。

父の死から少しギクシャクしていた2人の関係がまるで時を戻したかのような時間が過ぎた。

そんな時、詩弦のもとにまた1通の恐怖新聞が届いた。

手を組まないか…?

「明後日、子供の虐待死事件が起きるって書いてある」

そういう詩弦に、事件を止めようと提案する母。

お父さんが亡くなったときのあんな悲しい思いをもう誰にもしてほしくない、母はその一心だった。

次の日、早速、虐待されている子供を調べようと、児童相談所を訪ねるが、個人情報を渡すことは出来ないと門前払いされる。

情報が少なすぎる現状に、途方にくれた詩弦は、以前「手を組まないか」と提案してきた刑事に手を借りようとする。

「恐怖新聞の情報をすべてあなたに教えるから、虐待されている子供の情報を教えてほしい」

刑事は、詩弦の提案を受け入れた。

1人の少女

虐待の通報があった家を1件1件尋ね歩く詩弦と母 歌子。

途方もない作業だったが、出来ることをやろうと扮装する。

その帰りに、詩弦たちは、偶然カウンセラーの大井川先生と会う。

先生は、5歳くらいの俯いた娘さん連れていた。

「あいり、ちゃんと挨拶をしなさい」

季節は夏なのに、長そでにタイツ姿のその少女は、母に促されれるがまま、元気のない声で『初めまして・・・』そう言った。

なんで詩弦ばっかり…

「詩弦と連絡が取れないんだ。何か知らないか?」

桃香を呼び出し、尋ねる彼氏の勇介。

 

詩弦は、母と虐待の子供を探すことに夢中になり勇介への連絡を怠っていたのだ。

「いいなぁ‥‥詩弦は、そうやって心配してくれる人がいて…私には相談する人さえいない」

俯く桃香。

あの時のことを思い出すと震えが止まらないの・・・

勇介の手をそっと取る桃香。

「一人じゃ帰れない…」小さく震える桃香を勇介はほっておくことが出来なかった。

ハートのTシャツとネックレス

翌日もまた虐待の通報があったお宅を尋ね歩く詩弦と母だったが、それでも、まだリストの半分にも満たない件数に途方に暮れていた。

何か他に手がかりがないかと恐怖新聞を見返すと、

「ハートのTシャツ、天使のネックレス・・・・」

どこかで見覚えのあった詩弦は、ふと偶然でった大井川先生の娘さんを思い出す。

・・・・

「もしかしたら、大井川先生の娘さんが虐待に合っているのかも…?」

そう疑いをもった詩弦は、大井川先生のお宅を訪ねてみることに。

寸前で止められた虐待

「やめてーーーーー!!!」

叫ぶ先生の声。

あいりちゃんの父親は、何度も何度もベルトで打ち付ける。

愛理ちゃんの肌は、真っ赤に膨れ上がり、身体中あざだらけ。日常的に虐待を受けているのが一目瞭然だった。

それでも、先生自身も幼い頃に受けた虐待の経験、心の傷から、旦那の行動を止められずにいた。

 

そんなとき、「ピンポーーーーン」

鳴り響くインターフォン。

一筋の光を見つけたかのように、先生は玄関先に急ぐ。

そこには、思いもよらぬ来客 詩弦と警察が。

先生は、旦那の一瞬の隙を見て、玄関のチェーンを外した。

虐待死寸前のところで、救い出されたあいりちゃん。そして、先生。

そう、ずっと苦しかった。先生もまた誰かに助けてほしかったのだ、誰かに止めてほしかったのだ。

運命は変えられる…?

事件の解決にホッと一安心の詩弦。

ふと後日恐怖新聞を見返してみると、その内容がなんと書き換わっていたのだ。

「児童虐待を受けていた子供が保護された」と。

 

・・・「週末会える?」

嬉しくなって、久々に勇介に電話をした詩弦。

「もちろん」

そう答える勇介の後ろには、裸でベッドに横たわる桃香の姿が。桃香は不敵に微笑んでいた。

鬼形礼(きがた れい)

毎晩のようにベランダ伝いに話すようになった詩弦と隣の部屋の男の子。

どこか不思議な雰囲気を醸し出す男の子に、詩弦は自身のことを話すうちに、どこか心を許し始めていた。

「未来は変えられるってわかったの」嬉しそうに話す詩弦。

・・・・そんな時、詩弦に知らない番号から着信が。

「はい」

出てみると相手はなんとあの意識不明だった男 蜷川冬夜だった。

「こないだの話の続きがしたい」

そう言う蜷川に、戸惑う。

「隣に釣り目の20代の男がいるだろ、注意しろ、そいつは人間じゃない、そいつの正体は、鬼方礼(きがた れい)、恐怖新聞を届けている男だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベランダ伝いに目が合う2人。

ゆっくりとほほ笑む男の子。

ーー3話終了ーー

恐怖新聞ドラマ3話の感想

なんとここにきて、鬼方礼がでてきましたか!!!

鬼方礼とは、漫画原作の主人公。

割と原作から離れて物語が展開されていると思っていましたが、ここにきて繋がってきましたね。

しかも、新聞を配達している方ということで、前の恐怖新聞の受取人である蜷川もその存在をしていました。受け取り側が誰になろうとも、配達人は鬼方礼なのでしょうか…。

後は、今後このあたりが見どころになりそうです。

  • 母の異常なる回復具合が不可思議
  • 親友の裏切り
  • 手を組んだ警察の秘密

恐怖新聞ドラマみんなの感想まとめ

恐怖新聞3話めっちゃ感動した。泣き顔泣き顔。怖さより胸に染みるシーンが多かった
録画していた恐怖新聞みながらどちゃくそ文句言ってた。だから1話から私は言ったではないか…こういう男には気をつけろ信用ならんってェ!!! モブサイコはあれはお前やんなるよな 先読みできる展開だけど超展開・急展開あることを願う
恐怖新聞は読解力がないと真実は見抜けないのでしょうかね…(^-^;毎回主人公のあと一歩推理足りない歯痒さが( ノД`)…そうそう、原作は画風からしてめちゃめちゃ恐いです【うしろの百太郎】と共に伝説のホラー漫画ですから♪
う~ん、予言の運命は変えられるの? えぇ~、恐怖新聞配ってる人 ってあの人…なの??皆、怪しい。
恐怖新聞黒木瞳さん優しくなってくれてよかったけど豹変しすぎでは……??まだ何かあるのかわからんけど1回は黒木瞳回作って欲しい回数的に難しいのかもしれないけど
今週の 恐怖号外 は、原作の続編的展開をし始めた。しかし現代は新聞をとるという風習が少なくなってきたせいか、号外という形をとっているとみられる。更にこの号外は時間で刻々と変化するようだ。そして読んだ段階で配達が止まる。つまりどのタイミングで読むかで、関わる事件が変わる。

恐怖新聞ドラマ4話に向けて

4話の予告がこちら。

『そいつの正体は鬼形礼だ…』

冬夜(猪野学)からの電話で、今まで相談に乗ってくれていたのは、隣人・片桐ともをではなく、鬼形礼(坂口涼太郎)だと知った詩弦(白石聖)。

鬼形が恐怖新聞を詩弦の元に届けていたのだ。 詩弦は、冬夜から恐怖新聞から逃れる方法を聞く。新聞紙に名前を書かせると、契約が移るという… 「死にたくないなら一刻も早く誰かにサインさせるんだ」。

これまでの苦しかった日々を思い、つい、見ず知らずの人にサインをさせようとしてしまう詩弦。自分の怖さに気づいた詩弦は、歌子(黒木瞳)に相談する。正義感の強い歌子が考えた恐ろしい秘策とは…

その頃、勇介(佐藤大樹)に対する桃香(片山友希)の親し気な態度が気になっていた詩弦。偶然、2人が自分に内緒でカフェにいるところを見つけてしまう。ショックを受けた詩弦は思わぬ行動に出る…。

正体がバレてから、自らの姿をさらして、詩弦に恐怖新聞を届けるようになる鬼形。 「小野田詩弦は命を捧げなくてはいけない」「前世の記憶」と意味深なフレーズを残して去る…一体何を意味するのか?

そして新たに受け取った予言は「国道での暴走トラック事故」だった。詩弦は事故を防ごうと篠崎に伝えるが、篠崎にはある思惑があり…。 一方で、体が衰弱し、再び入院した冬夜の素性も明らかに。

恐怖新聞は最初、妹の春海(福地桃子)の元に届いていたという。冬夜に契約が移った過去、そして詩弦に「新たな契約者を見つけろ」と忠告する理由とは…。

登場人物全員の本性が姿を現し、物語は更なる勢いで加速する!詩弦は誰かに恐怖新聞をなすりつけてしまうのか!?

業の深い人間という生き物が、恐怖新聞の持つ「力」を知った時、ドラマ『恐怖新聞』の本当の怖さがベールを脱ぐ!!

error: Content is protected !!