Dorama

【恐怖新聞】4話ネタバレあらすじ&感想!業が深い人間の本性が現れる…

今回は、【恐怖新聞】第4話ネタバレあらすじ&感想!業が深い人間の本性が現れる…をまとめてみました。

昔は、よくテレビでも心霊特集やスピリチュアル系の番組が多かったかと思うのですが、最近はあまり見かけませんよね。

規制が厳しくなったとは聞きますが、夏の楽しみが少し減った気はしていました。

そんな中、久々にテレビドラマとして、ガチのホラーが帰ってきました。しかも、今回監督は『リング』を手掛けた日本ホラー界の巨匠 中田秀夫監督、シリーズ構成が、乙一さん、脚本が、世にも奇妙な物語などを手掛ける高山さん。

加えて、プロモーション動画には、また本編とは別に山口敏太郎さん監修で、遊山直奇監督とホラーの担い手をコレでもかと招聘し、気合いが入っているようです!!!

放送日時: 2020年8月29日(土)~10月10日(土)
放送時間: 23時40分~24時35分(予定)
放送回数:  全7回(予定)

原作: つのだじろう『恐怖新聞』
脚本: 高山直也
主題歌:  THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『FEARS』

ホラーは、映像にすることで、また違った恐怖が増してきますよね…。

以下、「恐怖新聞」4話のネタバレになっておりますので、ご覧になっていない方は、ご注意ください。

恐怖新聞とは…(漫画原作ネタバレ一部あり)

原作は、つのだじろう氏により、1973年~1975年まで『週刊少年チャンピオン』誌(秋田書店)において、連載された恐怖漫画です。


引用:Amazon

漫画上では、主人公は、中学生の男の子 鬼形礼(きがた れい)。ドラマの設定では大学2回生となっているので、その部分で大幅に違っています。

「恐怖新聞」:読めば寿命が縮む、未来が描かれた新聞にとりつかれた鬼形礼の物語。

「恐怖新聞Ⅱ」:二代目は女性主人公。前作で死んだ鬼形とともに恐怖新聞に立ち向かう。

「恐怖新聞 平成版」:初代の生まれ変わりの鬼形がまた恐怖新聞に取り憑かれる。『着信アリ』のように携帯電話を利用して「恐怖新聞」が送られてくる。

おおもとの設定として、「恐怖新聞」には、不幸な未来が描かれており、翌日、その記事は現実となってしまう。そして、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる。

自らが配達人として「恐怖新聞」を配達することになった所で物語は終わる。

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ3話までのおさらい

1話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】第1話ネタバレあらすじ&感想!ラストシーンに衝撃が走る…

1話 簡単あらすじ

一人暮らしを始めた小野田詩弦(白石聖)。初日の深夜零時に玄関の扉を乱打され、新聞受けに入れられた「恐怖新聞」。そこには数日後、若い女が墜落死するという記事が…半信半疑の詩弦だったが数日後に自殺を目撃、その光景はまさに恐怖新聞で見たものだった。

その後も届く新聞に詩弦の父・蔵之介(横田栄司)の死の予言・・・。父を救うため動く詩弦に自身の出生の秘密が迫る。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

死の間際に蔵之介が放った言葉、隠された詩弦の出生の秘密とは…。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

2話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】2話ネタバレあらすじ&感想!恐怖の連鎖は止められるのか?

2話 簡単あらすじ

詩弦は、恐怖新聞の前の契約者・蜷川冬夜と再会し、「恐怖新聞は、読むたびに寿命が100日縮まる」と聞きひどく動揺する。そんな矢先、唯一の情報源・蜷川冬夜が事故に巻き込まれたことで、これ以上の情報を聞き出すことが出来なくなってしまった。

そんな中、詩弦に届いた新聞には、刺殺事件が描かれていた。予告された事件を阻止するべく、詩弦は恋人の松田勇介、親友の宮沢桃香に協力を仰ぐ。不幸の連鎖は果たして止められるのか?

引用元:公式HP「恐怖新聞」

3話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】3話ネタバレあらすじ&感想!孤独に蝕まれる詩弦とその運命は?

3話 簡単あらすじ

恋人 勇介の勧めもあり、カウンセリングを受けることにした詩弦。『恐怖新聞には関わらないことが大切』というアドバイスを受け、少しだけ前向きな気持ちになっていた。

そんな詩弦に、どんなに時と場所を変えようとも執拗に届く恐怖新聞。抗えない運命に、母に事実を伝えることに。父を失った悲しみをもう誰にもしてほしくないと、事件を未然に防ぐことを提案される。

一方、意識が戻り病院から逃走していた男は詩弦に電話をかける。隣に住む片桐ともをとベランダで話していた詩弦だったが、電話の内容に衝撃を受ける…!

運命を変えるべく行動を起こしたことで、詩弦を取り巻く人間関係が音を立てて崩れていく。死へのカウントダウンが始まる…。

引用元:公式HP「恐怖新聞」

恐怖新聞ドラマ4話の見どころ

登場人物全員の本性が姿を現し、物語は更なる勢いで加速していく。

詩弦は、自らの恐怖から逃れるため、誰かに恐怖新聞をなすりつけてしまうのか!?

業の深い人間という生き物が、恐怖新聞の持つ「力」を知った時、ドラマ『恐怖新聞』の本当の怖さがベールを脱ぐ!!

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ4話のあらすじネタバレ

4話 簡単あらすじ

『そいつの正体は鬼形礼だ…』

冬夜(猪野学)からの電話で、今まで相談に乗ってくれていたのは、隣人・片桐ともをではなく、鬼形礼(坂口涼太郎)だと知った詩弦(白石聖)。

鬼形が、恐怖新聞を詩弦の元に届けていた張本人だったのだ。

詩弦は、冬夜から恐怖新聞から逃れる方法を聞く。新聞紙に名前を書かせると、契約が移るという…「死にたくないなら一刻も早く誰かにサインさせるんだ」。

その頃、勇介(佐藤大樹)に対する桃香(片山友希)の親し気な態度が気になっていた詩弦。偶然、2人が自分に内緒でカフェにいるところを見つけてしまう。ショックを受けた詩弦は思わぬ行動に出る…。

正体がバレてから、自らの姿をさらして、詩弦に恐怖新聞を届けるようになる鬼形。

「小野田詩弦は命を捧げなくてはいけない」「前世の記憶」と意味深なフレーズを残して去る…一体何を意味するのか?

そして新たに受け取った予言は「国道での暴走トラック事故」だった。詩弦は事故を防ごうと篠崎に伝えるが、篠崎にはある思惑があり…。

一方で、体が衰弱し、再び入院した冬夜の素性も明らかに。恐怖新聞は最初、妹の春海(福地桃子)の元に届いていたという。冬夜に契約が移った過去、そして詩弦に「新たな契約者を見つけろ」と忠告する理由とは…。

引用元:公式HP「恐怖新聞」

ここからが詳細ネタバレになります。

恐怖新聞の真実

『この前の話の続きがしたい…』

そう冬夜に持ち掛けられた詩弦。その夜2人は会うことに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

『本当に恐怖新聞から逃れる方法を知っているんですか?』

そう尋ねる詩弦に冬夜は、ゆっくり口を開いた。

「あぁ、恐怖新聞の契約を誰かに移せばいいんだ。恐怖新聞のわら半紙に相手の名前を書かせると、新規契約者としてその人に恐怖新聞が届くようになる」

詩弦は、ふと自分が引っ越しの時に何気なしにしたサインを思い出した。

『どうして私を選んだんですか…?』

「いいから聞け、恐怖新聞の契約を移したとしても、新規契約者が死ねばまたその契約は、1つ前の契約者のもとに帰ってくる、死にたくなければ急いで誰かに契約をさせろ・・・」

ボロボロの身体

自身のアパートに戻ってきた冬夜は、張り込んでいた京都東警察署・刑事の篠崎と鉢合わせをしてしまう。

恐怖新聞を受け取り続けた冬夜のもう体力の限界を迎えようとしていた。

揉みあう2人。

『・・・はぁはぁはぁ』

恐怖新聞に関して、興味を持っていた篠崎は、冬夜に『少し話をしよう』と詰め寄った。

その時、

冬夜は、血を吐き倒れこんでしまう。

本物のともをさん

翌朝、洗濯物を干そうとベランダへ出た詩弦。

『おはよう』

そう声をかけられて振り向く詩弦が、目にしたのは、隣のベランダで髪を切ってもらう ”片桐ともを” の姿だった。

『あっ・・・この人が本物の片桐ともをさん…』

自分が、今までベランダ越しに毎晩のように話を聞いてもらっていた相手が、ともをさんでなかった事実に改めて驚きを隠せない詩弦。

あれは、本当に”鬼方礼”だったんだ…。冬夜が言っていた事実が本当だったんだと身震いが止まらなかった。

違和感

久しぶりに大学に来た詩弦は、親友の桃香と遭遇した。桃香とは、前回喧嘩をして以来だった。

『おはよう』

「おはよう」

どこか気まずい雰囲気の2人だったが、

『ごめん、私のせいで辛い思いをさせて…』そう謝る詩弦に、桃香もまた自分も言い過ぎたと反省していた。

「もうこの話は辞めよう」

そういう桃香に、複雑な表情を浮かべる。

と、その時、詩弦の彼氏である勇介が通りかかった。

腕を絡ませ、猫なで声で勇介に甘える桃香。

1、2度しかあっていないはずなのに、2人の異常な距離感に詩弦は、違和感を覚えた。

姿を現す”鬼方礼”

詩弦に正体がバレて以降、堂々と恐怖新聞を運んでくる”鬼方礼”。

『あなたいったい何者…?』

神出鬼没に現れる鬼方にそう尋ねる詩弦。

「恐怖新聞の契約は絶対、寿命を捧げなければいけない・・・」

 

そう言うと、不敵な笑みをこぼすと、また姿を消した。

誰かにサインを・・・

「恐怖新聞は、1回受け取るごとに100日寿命を吸い取る」

冬夜の言葉を思い出す詩弦。

自分も、誰かにサインをさせなければ、冬夜のようになってしまう…。

肌がボロボロになって、髪も真っ白になって、老人のような姿になって、いつしか命を吸い取られる・・・・・・

 

そう考えると、詩弦はカフェで落書きをしている小さい女の子をふと目にした。

『ここにお名前書ける?』

「うん、書けるよ」

自慢げに答える女の子は、恐怖新聞のわら半紙に自分の名前を書きだした。

こ・・・う・・・や・・・ま・・・・・・・

『あっっ・・・』

女の子の書く手を止め、恐怖に震える詩弦。自分はこんなに小さい子に何をさせようとしているんだ…冷静になると自分の犯そうとしていたことに恐ろしさを感じた。

次期契約者

『私最低だ、あんな小さな子に・・・』

自分が、小さい子に恐怖新聞を擦り付けようとした事実に怖くなった詩弦は、

「恐怖新聞の次の契約者を探さなければ自分が死んでしまうということ」という事実を母親に伝えた。

すると、”母親は、自分がサインをする”と言い出す。

「あの世でお父さんが待ってくれているから…死ぬなんて怖くない」

そういう母親を必死に止める。

とその時、TVから流れる事件のニュース。

『あっ・・・』母は、殺人事件や犯罪を犯したこの世に存在しない方が良い犯人を次期契約者にすることを思いつくのだった。

3日一度恐怖新聞が届くと、1年で失う寿命は約33年。新規契約者が亡くなれば、契約はまた元の契約者のもとに帰ってきてしまう。

年齢が高すぎない人でなければいけないのだ。2人は頭を悩ませていた。

篠崎の思惑

病院のベッドに横たわり、機器に繋がれた冬夜の限界はもう近かった。

「どうしてそこまで恐怖新聞に執着するんだ…」

執拗に自分に付きまとう刑事の篠崎にそう尋ねる冬夜。

警察としてほっておけないという篠崎。

「なんで小野田詩弦にしか恐怖新聞は見えないんだ?」

「なんで小野田詩弦にしか届かない?」

矢継ぎ早に聞く篠崎は、何か企んでいるような表情が見えた。

勇介の裏切り

配達先でミスを犯した詩弦は、配達客に理不尽に怒られていた。

『もうコイツでいいじゃん…』

詩弦は、賠償をしますからと言って、恐怖新聞のわら半紙に、男の名前と住所を書かせようとしていた・・・

・・・名前を書く寸前のところで、インクが切れたボールペン。

誰かを犠牲にしなければ自分が助からない。

わかってはいるけど、その人にも人生があって、家族がいて、考えるだけで罪の意識に押しつぶされそうになる詩弦だった。

 

そんな時、カフェで腕を組みながらご飯を食べる桃香と勇介の姿を目にしてしまう。

この間感じた違和感はこれか…。

2人を呼び出した詩弦は、どういうことかと問い詰める。

詩弦が勇介に構ってあげられないときに、2人はそういう関係になっていたのだ。

一度あることは二度ある

「一度裏切った男は、もう一度やるのよ

勇介のことを母に相談すると、母はそう答えた。

・・・いっそのこと、勇介くんに契約させちゃえば?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『私、誰かのことこんなに恨んだの初めてかもしれない・・・』

詩弦は、勇介と桃香の裏切りに許せない気持ちでいっぱいだった。

仕組まれた殺人

係長の命令で、篠崎を迎えに行くという部下2人。

篠崎は、自分の行動を監視し、付け回す2人を疎ましく思っていた。

そんな時、詩弦に聞いた話をふと思い出した。

『4時に奈良グリーンウェイで暴走したダンプトラックが事故を起こし、多くの死傷者が出る』

・・・・

「4時に奈良グリーンウェイで待ち合わせしよう、絶対遅れんなよ?」

篠崎は、そう電話で話すのだった。

待ち合わせ通り奈良グリーンウェイに現れた2人は、恐怖新聞の予言通り、事故に巻き込まれ命を落としてしまう。

冬夜の妹

奈良にある冬夜の実家を訪れていた篠崎。

そこには、冬夜の妹が住んでおり、驚愕の事実を知らされる。

・ 恐怖新聞の元の契約者は自分であったこと

・ 恐怖新聞の契約を兄が肩代わりしてくれたこと

・ 恐怖新聞の契約の移し方

冬夜の秘密と最後

篠崎から事情を聞き、京都の病院までお見舞いに来た妹のあゆみ。

「馬鹿だよ…どうしてこんなになるまで・・・」

変わり果てた兄の姿に涙が止まらないあゆみ。

「後のことは、弁護士に任せてあるから…」

・・・・・・・・・・・・・・

「蛭川さんの資産のことですが…」

弁護士と話をしたあゆみは、冬夜が持っていた多額の資産の真実を知るのであった。

食品偽装、大規模な事故、不正発覚を恐怖新聞で、事前に知り、株式投資で巨額の富を築いたのだ。

・・・・話を聞いていた篠崎は、どこか訝しい。

その晩、あゆみと最後に会えたことでどこか安心したのか、冬夜は眠るように息を引き取った。

勇介の謝罪

「本当にごめん」

玄関を開けると、そこにいたのは勇介だった。

自分が行ったことを悔い、詩弦に謝罪に来たのだ。

そんな勇介に詩弦は、誓約書を書くように促す。

『もう2度と私を裏切らないと、ちゃんと名前も書いて』

冷たい目で勇介を見つめる詩弦。

勇介は、この紙が恐怖新聞のわら半紙であることに気付いていた。それでも詩弦が言うならと筆を進める。

「俺はこれからすべてをかけて君を守る、たとえ自分の命を失おうとも…」

そう謝罪する勇介の姿を見て、詩弦は勇介から紙を取り上げた。

『今この先どうするかは言えない、少し時間をちょうだい・・・』

勇介の謝罪は、誠実だった。目を見て、しっかり気持ちを伝えてくれた。

詩弦は、涙が止まらなかった。

本当に悪い奴

アルバイト先で偶然出くわした勇介と詩弦。

「何があっても、詩弦への気持ちは変わらないから…」

そういう勇介に笑みがこぼれる。

 

配達の帰り・・・・

『あっ、、、、』

詩弦の自転車のブレーキが利かない。

リヤカーとぶつかって大きく飛ばされる詩弦。

意識が朦朧としながら、目にしたのは・・・・

ニッパーをもって不敵な笑みを浮かべる親友 桃香の姿だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガチャ・・・

そこは詩弦の部屋。

「さてと、恐怖新聞・・・かならずものにしたる」

そういって詩弦の部屋をあさる篠崎の姿だった。

 

ーーーーEND----

恐怖新聞ドラマ4話の感想

4話にして、2人の人間の思惑が見えてきました。

篠崎→(恐怖新聞でお金を儲けようとしている)

桃香→(平気で幼馴染を裏切り、詩弦を相当憎んでいる)

この2人は、かなりヤバい奴でしょう…。

特に、親友の桃香ですが、どんどんモンスター化しています。もともと1話でパスタ食べている姿も随分怖かったですが…。もはやもともと、詩弦のことなんて親友とは思っていなかったのではないでしょうか…?

勇介→ (弱い人をほおっておけない、ただのお馬鹿浮気マンなのか、もしくはもう一皮むけるのか)

母親→ (骨食べていたのにもはや普通の娘思いの母親?絶対まだ何かありそう…)

恐怖新聞というホラー的な要素に加えて、人間の根底にある汚い部分とかが見え隠れしてて、倍にして怖さが際立ちます…。

恐怖新聞ドラマ4話みんなの感想まとめ

恐怖新聞第3話見た。 佐藤大樹の浮気もだけど 死んだ夫の骨かじってたお母さんが自分取り戻しすぎて別人だったw
この世で一番怖いのは…… 人の心かも知れない……
リアタイは怖くて断念しましたが朝起きてすぐ見ました いやー勇介に恐怖新聞の契約うつしてほしいって強く思ったけどしずるちゃん優しすぎますね 私だったら絶対書かせます(笑) いくら推しでも浮気は許せません。推しのクズっぷりが出てて良きでした
恐怖新聞…やはり名前かかせる事で新規契約が… 最後の慈悲で名前書かせるまで優しくしてあげるよね私なら←くそ
勇介クズなのはやばかったけど、桃香も親友だったのに豹変すごい、、、。
土曜ドラマの恐怖新聞、4話まで見たけど、怪異もさることながらそれに巻き込まれた人間の変貌や本性の方がよっぽど怖い。なんか前にもこんな感想持ったなぁと思ったけど、あれだ、物語シリーズでぶっちぎりで怖かったエピソードがことごとく老倉育関連の物だった時に持った感想と同じだ。
恐怖新聞、あの世界で主人公以外に1番信用できていた人間がいなくなってしまったことによりこの先地獄しか見えなくなったな。

恐怖新聞ドラマ5話に向けて

5話の予告がこちら。

桃香(片山友希)にブレーキワイヤーを切られ、自転車で転倒し意識が途絶えた詩弦(白石聖)。鬼形礼(坂口涼太郎)に連れてこられた場所で、さらなるショックを受ける事になる!?

父・蔵之介(横田栄司)が、「お前が生まれてこなければ良かったんだ」と死に際に放った一言の驚愕の理由も今夜明らかに!

始まりから終わりまで衝撃が続く第5話。恐怖新聞はなぜ生まれたのか? 過去の因縁から現代へのつながりが見えたとき、物語は戦慄の最終章へと突入する!

5話の詳細あらすじはこちらから ↓

【恐怖新聞】5話ネタバレあらすじ&感想!恐怖新聞は何故生まれたのか…

error: Content is protected !!