Dorama

【恐怖新聞】6話ネタバレあらすじ&感想!愛ゆえの豹変が狂おす…

今回は、【恐怖新聞】6話ネタバレあらすじ&感想!愛ゆえの豹変が狂おす本格ホラー!をまとめてみました。

昔は、よくテレビでも心霊特集やスピリチュアル系の番組が多かったかと思うのですが、最近はあまり見かけませんよね。

規制が厳しくなったとは聞きますが、夏の楽しみが少し減った気はしていました。

そんな中、久々にテレビドラマとして、ガチのホラーが帰ってきました。しかも、今回監督は『リング』を手掛けた日本ホラー界の巨匠 中田秀夫監督、シリーズ構成が、乙一さん、脚本が、世にも奇妙な物語などを手掛ける高山さん。

加えて、プロモーション動画には、また本編とは別に山口敏太郎さん監修で、遊山直奇監督とホラーの担い手をコレでもかと招聘し、気合いが入っているようです!!!

放送日時: 2020年8月29日(土)~10月10日(土)
放送時間: 23時40分~24時35分(予定)
放送回数:  全7回(予定)

原作: つのだじろう『恐怖新聞』
脚本: 高山直也
主題歌:  THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『FEARS』

ホラーは、映像にすることで、また違った恐怖が増してきますよね…。

以下、「恐怖新聞」6話のネタバレになっておりますので、ご覧になっていない方は、ご注意ください。

恐怖新聞とは…(漫画原作ネタバレ一部あり)

原作は、つのだじろう氏により、1973年~1975年まで『週刊少年チャンピオン』誌(秋田書店)において、連載された恐怖漫画です。


引用:Amazon

漫画上では、主人公は、中学生の男の子 鬼形礼(きがた れい)。ドラマの設定では大学2回生となっているので、その部分で大幅に違っています。

「恐怖新聞」:読めば寿命が縮む、未来が描かれた新聞にとりつかれた鬼形礼の物語。

「恐怖新聞Ⅱ」:二代目は女性主人公。前作で死んだ鬼形とともに恐怖新聞に立ち向かう。

「恐怖新聞 平成版」:初代の生まれ変わりの鬼形がまた恐怖新聞に取り憑かれる。『着信アリ』のように携帯電話を利用して「恐怖新聞」が送られてくる。

おおもとの設定として、「恐怖新聞」には、不幸な未来が描かれており、翌日、その記事は現実となってしまう。そして、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる。

自らが配達人として「恐怖新聞」を配達することになった所で物語は終わる。

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ5話までのおさらい

1話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】第1話ネタバレあらすじ&感想!ラストシーンに衝撃が走る…

1話 簡単あらすじ

一人暮らしを始めた小野田詩弦(白石聖)。初日の深夜零時に玄関の扉を乱打され、新聞受けに入れられた「恐怖新聞」。そこには数日後、若い女が墜落死するという記事が…半信半疑の詩弦だったが数日後に自殺を目撃、その光景はまさに恐怖新聞で見たものだった。

その後も届く新聞に詩弦の父・蔵之介(横田栄司)の死の予言・・・。父を救うため動く詩弦に自身の出生の秘密が迫る。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

死の間際に蔵之介が放った言葉、隠された詩弦の出生の秘密とは…。息もつかせぬ怒涛の展開、心をえぐる最恐ホラーの幕が開く!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

2話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】2話ネタバレあらすじ&感想!恐怖の連鎖は止められるのか?

2話 簡単あらすじ

詩弦は、恐怖新聞の前の契約者・蜷川冬夜と再会し、「恐怖新聞は、読むたびに寿命が100日縮まる」と聞きひどく動揺する。そんな矢先、唯一の情報源・蜷川冬夜が事故に巻き込まれたことで、これ以上の情報を聞き出すことが出来なくなってしまった。

そんな中、詩弦に届いた新聞には、刺殺事件が描かれていた。予告された事件を阻止するべく、詩弦は恋人の松田勇介、親友の宮沢桃香に協力を仰ぐ。不幸の連鎖は果たして止められるのか?

引用元:公式HP「恐怖新聞」

3話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】3話ネタバレあらすじ&感想!孤独に蝕まれる詩弦とその運命は?

3話 簡単あらすじ

恋人 勇介の勧めもあり、カウンセリングを受けることにした詩弦。『恐怖新聞には関わらないことが大切』というアドバイスを受け、少しだけ前向きな気持ちになっていた。

そんな詩弦に、どんなに時と場所を変えようとも執拗に届く恐怖新聞。抗えない運命に、母に事実を伝えることに。父を失った悲しみをもう誰にもしてほしくないと、事件を未然に防ぐことを提案される。

一方、意識が戻り病院から逃走していた男は詩弦に電話をかける。隣に住む片桐ともをとベランダで話していた詩弦だったが、電話の内容に衝撃を受ける…!

運命を変えるべく行動を起こしたことで、詩弦を取り巻く人間関係が音を立てて崩れていく。死へのカウントダウンが始まる…。

引用元:公式HP「恐怖新聞」

4話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】4話ネタバレあらすじ&感想!業が深い人間の本性が現れる…

4話 簡単あらすじ

詩弦(白石聖)は冬夜(猪野学)から、ベランダ越しに話す青年は隣人・片桐ともをではなく、恐怖新聞を届ける鬼形礼(坂口涼太郎)であること、また、恐怖新聞から逃れるには、誰かに新聞紙に名前を書かせればいいと知る。

加えて、勇介(佐藤大樹)と親友・桃香(片山友希)の関係を知った詩弦が思わず取った行動とは・・・。

冬夜が契約者となった悲しい過去や、桃香や篠崎(駿河太郎)の本性も姿を現し、物語は更なる勢いで加速する!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

5話あらすじ詳細おさらいは、こちらから ↓

【恐怖新聞】5話ネタバレあらすじ&感想!恐怖新聞は何故生まれたのか…

5話 簡単あらすじ

桃香(片山友希)にブレーキワイヤーを切られ、自転車で転倒し意識が途絶えた詩弦(白石聖)。

鬼形礼(坂口涼太郎)に連れてこられた場所で、さらなるショックを受ける事になる!?

父・蔵之介(横田栄司)が、「お前が生まれてこなければ良かったんだ」と死に際に放った一言の驚愕の理由も今夜明らかに!

始まりから終わりまで衝撃が続く第5話。恐怖新聞はなぜ生まれたのか?

過去の因縁から現代へのつながりが見えたとき、物語は戦慄の最終章へと突入する!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

恐怖新聞ドラマ6話の見どころ

恐怖新聞の持つ“力”を知った篠崎(駿河太郎)から「私が恐怖新聞を引き継ぎましょうか」との申し出があったが、断る詩弦(白石聖)。

詩弦にはこれまでの恐怖新聞も読めなくなり、新たな新聞も来なくなったのだ…。しかし、恐怖新聞の呪縛から解放され、ホッとしたのも、束の間、謎の呼び出しメールが詩弦の元へ来るようになる……。

「アシカガ」と名乗る送り主は、詩弦の自転車のブレーキを壊した人物を知るという。

詩弦が指定されたネットカフェに行くと、火事が発生。アシカガに会うことはできなかった。後日、多数の死者が出るほどの火災だと知った詩弦は、恐怖新聞と契約した誰かが、自分を殺すためにそこに呼び出したのではないかと推測する。

自転車事故の際、桃香(片山友希)の姿を見た詩弦は、新しい契約者は桃香ではないかと疑い連絡をするが、音沙汰がない…。「桃香を放っておけない、巻き込んだのは私」と心配した詩弦は勇介(佐藤大樹)と桃香のマンションへ行くが、そこで見たものとは…?

再びアシカガからメールが来た。詩弦は勇介と指定されたカフェに行くも、今度は発砲事件に遭遇。勇介のとっさの判断で、九死に一生を得た詩弦。

恐怖新聞が消えて、桃香も消えた…。アシカガは何者なのか?その目的とは??

自分たちの身に何が起こっているのか?全く想像もつかない状況に怯える詩弦と勇介。2人の関係はギクシャクしだす…。

そのことを知った歌子は、戦慄の行動に出る!?

恐怖新聞不在でも、怖さは健在!!新しい契約者は誰なのか?恐怖新聞によって狂わされた人生は、どう交錯するのか??“愛”がゆえの豹変と狂気!想いが過ぎて生まれる“恐怖”。愛と恐怖が共存する本格ホラーは想像を絶する展開へ!

引用元:公式HP「恐怖新聞」

スポンサーリンク

恐怖新聞ドラマ6話のあらすじネタバレ

6話 簡単あらすじ

詩弦には、これまでの恐怖新聞も読めなくなり、新たな新聞も来なくなってしまった。恐怖新聞の呪縛から解放され、ホッとしたのも、束の間、謎の呼び出しメールが詩弦の元へ来るようになる……。

メールの相手「アシカガ」とは誰なのか?

詩弦の命を狙うものとは…?

そして、恐怖新聞の新規契約者はいったい誰なのか?

ここからが詳細ネタバレになります。

恐怖新聞が見えない…

詩弦(白石聖)は、どんなに拒んでも、時と場所を選ばず届いていた恐怖新聞が、最近届いていないことに気付く。

それどころか、過去に届いていた恐怖新聞の内容さえ見えなくなっていたのだ。

詩弦は、何者かの手によって恐怖新聞が誰か別の契約が新しい人の元に移ったことを悟るのだった。

恐怖新聞、引き継ぎましょうか…?

~実家のカフェにて~

篠崎は、恐怖新聞のことで聞きたいことがあると詩弦を訪ねていた。

「あなたの契約、私が引き継ぎましょうか?事故や事件を未然に防げるし、刑事である自分が引き継ぐのが名案でしょう」

そう持ち掛ける篠崎。

しかし、詩弦は、前回のトラック暴走事故にて、事前に情報を渡していたにもかかわらず、多くの死者が出たことに対して、篠崎への信頼を失っていた。

それどころか、現在の契約者が自分でないため、引き継ぎたくとも出来ない旨を伝えた。

娘が、恐怖新聞から解放されたことに、母 歌子は素直に喜んでいたが、詩弦自身は自分の意図しないところで勝手に契約が切り替わったことに、罪悪感を感じるとともに、どこか納得のいかない表情を浮かべていた。

詩弦の人生を無茶苦茶に…

篠崎は、詩弦の親友 桃香の元を訪れていた。桃香が次の契約者ではないかと睨んでのことだ。

「恐怖新聞について聞かせてほしい」

そう持ち掛ける篠崎に対し、

「詩弦の人生無茶苦茶にして…そうすれば刑事さんにいいこととしてあげる」

そう不敵な笑みで返す桃香。

もはやその表情は、憎悪に溢れていた。

約束のネットカフェ

バイブ音が鳴る詩弦の携帯。

「自転車のブレーキを壊した人物に関しての情報アリ。午後2時に中京区のネットカフェ ココネで待つ -アシカガ-」

知らない人物からのメールではあったものの、ブレーキを壊した犯人が気にかかった詩弦はメールに書いてあった時間にネットカフェへ向かうのだった。

その時だった!!

けたたましく鳴り響く非常ベル。

逃げ惑う人々。

協力して非常ドアをこじ開け、なんとか外に出た詩弦たち。しかし、中にはまだ多数の人が…。

桃香の行方

『恐怖新聞の新しい契約者が私を呼び出したんだと思う』

ネットカフェでの火事が、多数の怪我人、死者を出した大事故だと知った詩弦は、そう疑うのだった。

と同時に、自転車事故にあったとき、詩弦は、気を失う直前に確かに、桃香の姿を目にしたことを思い出し、桃香が自分の部屋から恐怖新聞を盗み出し、新しい契約者になったのだと思った。

心配になった詩弦は、彼氏の勇介と共に、桃香のアパートを訪れていた。呼び鈴を鳴らしても出なかったが、部屋の鍵は開いていた。

『勇介、これって・・・血?』

部屋の床目に染み込んだ血。そして、

『これって・・・歯?』

桃香の部屋に残されたおかしな形跡。確実に桃香に何かあったのだろうと懐疑を強めたのだった。

次の呼び出し

怖くなった詩弦と勇介は、部屋を飛び出した。

『桃香の身にいったい何が…?』

そう話していた時に、再び届いた謎の人物 アシカガからのメール。

「午後4時に北山のカフェ バリガシで。恐怖新聞について相談アリ。-アシカガ-」

 

まさか桃香なの???

そう疑う詩弦は、勇介と共に、カフェを訪れるのだった。

あわやの大惨事

アシカガの到着を待つ2人だったが、なかなか来ない。

ここにいては、また恐怖新聞の事件に巻き込まれるばかりだと察知した勇介は、詩弦を連れてカフェを出ようとする。

その瞬間。

ガラの悪そうな男性とぶつかってしまい、詩弦は絡まれてしまう。

・・・とその時。

「伏せろ!!!」勇介が咄嗟に詩弦をかばう。

詩弦の目の前にいた男は、銃で撃たれたしまうのだった。

桃香の捜索

『このところ桃香と連絡が取れなくて、部屋に行ったら血痕が…』

詩弦は、桃香の捜索をしてほしいと刑事の篠崎に相談をする。

『桃香が、恐怖新聞の新しい契約者かもしれないんです…』

その一言に、食いつく篠崎。

詩弦の依頼を受け、桃香の部屋を捜索していると、そこで見つけたのは、血まみれの粉々になった鏡、、無造作に落ちた歯、多数の血痕。

・・・・とその時、ベッドの下から桃香の財布を発見。

借金まみれの篠崎は、中身の金を抜き取り、学生証、クラブのチケットをこっそりポケットに入れた。

桃香の計画

桃香の財布から抜き取ったクラブのチケットを頼りに、関係者に話を聞いたところ、桃香は、男性数人に詩弦を襲わせる計画を立てていたことがわかった。

『それで桃香はどこに…?』

ショックを受ける詩弦に、篠崎は、捜索を続ける旨を伝えた。

 

・・・苦しいよ・・・・

アルバイトの途中、勇介には誰かの声が聞こえた。

自転車を止め、ふと道端の盆栽を見ると‥‥そこには桃香の首が・・・

 

・・・・許さない、あんたのせいで私はこんなことに・・・・

桃香との写真を見返していると、詩弦の元に纏わりつきながら、全てを奪ったと恨みを言う桃香が…。

「憎い、憎い、憎い、お前を一生呪ってやる‥‥」

詩弦の手には、髪の毛の束が…。

勇介の本性

「桃香ちゃん、誰かに殺されたのかも…」

勇介と共に、桃香の幻覚に怯える詩弦。

 

「もう止めよう、恐怖新聞、恐怖新聞、なんで俺まで巻き込むんだよ」

いつもの勇介と違う姿に戸惑う詩弦。

勇介は、どこかイライラしている様子だった。

 

「俺は、越えちゃいけない境界線越えてるんだよ、俺の人生どうしてくれるんだよ…」

なんとか落ち着かせようとする詩弦に対し、衝動的に頬をぶってしまった。

咄嗟に我に返り謝る勇介だったが、詩弦は怯えた目で睨み返すのだった。

母の思惑

実家に戻った詩弦。

銭湯の帰り、自分の地元なのに見かけたのは、勇介・・・と女性の姿だった。

気になってこっそり後をつけると、その女性はなんと母親の歌子だったのだ。

 

神社の片隅で話し込む2人。屈みこむ勇介を、突然母は、後ろから木刀で殴った。

『お母さん、止めて!!!』

咄嗟に止めに入る詩弦。

3発殴られ、意識が朦朧とする勇介の横から、あふれ出る血。明らかに勇介のものではなかった。

そっと配達用のバッグを開けて、詩弦が目にしたのは‥‥

桃香の首だった。

犯行の真実

詩弦が目を覚ますと、そこには篠崎の姿が。

「松田勇介は、残念ながら、桃香の殺害を自供した」

 

男を使って詩弦を襲わせる計画をしていた桃香に気付いた勇介は、何とか止めようと説得するつもりで、桃香の部屋を訪れてた。

「この前話した件だけど、50でどう?上手くあの女ボロボロにしてくれたら、ご褒美に私とやらせてあげる」

そんな電話をかけていた。

止める勇介と揉みあう桃香。

力で男性に適うはずがなく、鏡に突っ込むとそのまま倒れこんだ。

首には、大きな破片が刺さり、桃香は息を引き取った。

勇介の愛

怖くなった勇介は、遺体をバラバラに。

小分けにして、ひと気のないところに捨てていたそう。

 

勇介の身を案じる詩弦。

全ては、自分のせいだ、自分を守るために勇介は、桃香を手にかけてしまったのだ…。

詩弦は、涙が止まらなかった。

恐怖新聞の新しい契約者

退院をして、実家に戻った詩弦。

『お母さんだったんだね、恐怖新聞に契約したのは…』

勇介を襲う母の姿を見て、恐怖新聞の契約者が母であることを悟った。

母は、虐待事件にて2人で奔走したときに、詩弦から渡された恐怖新聞をこっそり持っていたのだ。そして、自分の名前を書き、新しい契約者に。

「子供が苦しむ姿なんて見たくない。」

そう思う母の心だった。加えて、罪を犯したのに、罰も受けずノウノウと暮らす凶悪犯が、どうしても許せなかったのだ。

メールを送ったのは…?

『じゃあ、私をカフェに呼び出すメールをしたのは何故?』

詩弦は、恐怖新聞の次の契約者が、自分の命を狙っているものだとばかり思っていた。

しかし、母はこのことを否定。

すべては、詩弦を守るための行動だと言い張る。

 

そして、勇介のこともまた、恐怖新聞で真相を知り、許せなかったと。

「今度誰殺す?」

自分の手で正義の裁きを下すことに、少なからず達成感を覚えている母を恐怖に感じ、止まれない母を心配するのだった。

避けられない運命

『お母さん、変わったよ…』

自分の正義を貫こうとする母に、涙が止まらない。

 

詩弦は、恐怖新聞を手にして、自分の名前を書き始める。

母は、必死に止めようとするものの、再び恐怖新聞の契約者になってしまう。

 

「やぁ、向き合うことに決めたんだね…」

そう、呟く鬼形礼。

『もう逃げたりはしない』

詩弦は、自分の運命と向き合うことに決めたのだった。

————END———————

恐怖新聞ドラマ6話の感想

戻ってきましたね・・・恐怖新聞が、詩弦の元へ。前世からの転生なのに、かわいそうな運命です。

このあたりの疑問が最終話で繋がってくるといいですね。

  • アシカガとは誰か?
  • 何のために、詩弦にメールを送っていたのか
  • なぜ桃香はここまで詩弦を恨んでいたのか、いつからか
  • どうやって冬夜の妹は、恐怖新聞に契約したのか
  • 鬼形礼とは誰なのか
  • 何のために恐怖新聞を運んでいるのか
  • そもそも恐怖新聞の役目、意味

実家のカフェは、君影草(スズラン)。

花言葉「幸福を取り戻す」「幸福が帰る」。最終話、スッキリした形で終わるでしょうか??

恐怖新聞ドラマ6話みんなの感想まとめ

恐怖新聞、2週分見た。 江戸編、新聞の予言の因縁話に終始したけど、これいるか? 今週は飛ばしすぎ。お母さんの狂気は回収されたけど”何も変わっちゃいない”の根本がボヤけたまま。勇介と刑事の足取りもなんか濁らされてる。 来週最終回?きっちりスッキリ収まるのかな?
大元が恐怖新聞のせいにしても勇介あまりにクズだな……
知らなかったけど恐怖新聞さえあれば前任者が依頼しなくても本人がサインさえすれば受け継がれるのですね。 いかにも土ドラらしくスプラッタードラマになってきた…詩弦も母親も先祖が曰く付きだけに精神的に強い。
人間って なんかもう、都市伝説である恐怖新聞自体も怖いけど愛が辛い(´;ω;`)
何所に向かっている? 前世の贖罪?
お母さん最高に狂ってんな。恐怖新聞の使い方がデスノートっぽい。悪人を殺す為に利用するなら、それは有りかな…とも思うけれども…。
恐怖新聞というかお母さんがひたすら怖いし、ももかは何なの?ゆうすけちょっと可哀想になってきたな…
ドラマ版はどう見ても人間同士の争いだよなあ。原作知らないとあれが「恐怖新聞が引き起こす不幸の連鎖」だと気づけない(気づく必要もない)かも
人間の悪意を描き出す素晴らしいドラマ。恋人がバラバラ殺人犯だったり不幸の連続。
怖いところもハチャメチャなところもあって色んな意味でハラハラした 鏡って危ないから注意だね〜

恐怖新聞ドラマ最終回に向けて

次回が、最終回になります。

予告がこちら。

避けられない運命と見定め、再び恐怖新聞の契約者となった詩弦(白石聖)。

自分の命が続く限り、誰かのためになろうと決意する。恐怖新聞の予言を使って、人々を誘導することで事件や事故を防ぎ、亡くなるはずの命を救っていた。

しかし、そんな詩弦の行動は世間では理解されるはずもなく、ネット上で「ヒーロー気取りの偽善者」呼ばわりされた上、蔵之介(横田栄司)や桃香(片山友希)の死のことまで調べられ、自作自演と叩かれるようなってしまった。

さらに「あんたがこの世からいなくなればいいんだ」と正面から暴言を受ける始末…。

……それから1年後、詩弦は京都の街から、姿を消した。

篠崎(駿河太郎)は、詩弦を探して、歌子の元を訪れていた。恐怖新聞を引き継ぎたい篠崎に対し、歌子は「命をかけて人を守ることに疲れた詩弦のために契約を引き継いで欲しい」と恐怖新聞の紙とペンを渡すが…。

全ての伏線がつながり、思いもよらぬ結末へ!! 感動、恐怖、感動、恐怖…畳みかける展開に、感情が追い付かない戦慄の最終話!!

恐怖新聞に翻弄された人々の行く末を見届けたとき、あなたがいる世界は違うものに見えるかもしれない…。

最終話の詳細あらすじはこちらから ↓

【恐怖新聞】最終話ネタバレあらすじ&感想!伏線回収と最後の結末とは…?

error: Content is protected !!